おすすめの妊活サプリランキング!口コミや成分をチェック!
妊活サプリランキングヘッダー
妊活サプリランキングスマホ用ヘッダー

造精機能障害による男性不妊。精子が作れなくなる原因と予防策

造精機能障害の種類

造精機能障害の種類
不妊の原因は男女共にありますが、中でも造精機能障害は男性側に起こる問題の一つです。

造精機能障害は実に男性の9割を占める、性機能障害の一種で男性不妊の原因です。

男性不妊の一種、性機能障害と二分するもう一つの問題が造精機能障害です。

◆造精機能障害とは?
造精機能障害とは?
男性不妊の総称で、無精子症の閉塞性無精子症(OA)、それに非閉塞性無精子症(NOA)と乏精子症と精子無力症などが該当します。

無精子症はその名が表すように、精液中に精子が存在していない状態で、性行為を行っても受精しない問題です。

更に、無精子症は閉塞性無精子症(OA)と非閉塞性無精子症(NOA)に分類されます。

◆閉塞性無精子症(OA)
閉塞性無精子症
閉塞性無精子症(OA)は、精子が射精管を通らないことによって、実質的に無精子状態となります。

◆非閉塞性無精子症(NOA)
非閉塞性無精子症(NOA)
一方の非閉塞性無精子症(NOA)は精管に問題がなく、射出した精液中に精子が存在しない状態を指します。

精巣内で少数だけ精子が作られていたり、形成が途中で止まったり全く形成が行われない、セルトリ細胞単独症は非閉塞性無精子症(NOA)はその一種です。

◆無精子症
無精子症
文字通り造精機能に問題があって、精液に精子を含むことができないタイプの無精子症です。

◆乏精子症・精子無力症
乏精子症・精子無力症
乏精子症と精子無力症は、精子の濃度が低くて受精に至るまでの確率が低くなる前者と、精子の運動率が低い後者に分かれます。

前者は1mLあたり1500万個以上という、精子濃度を下回る場合に診断されます。

精子の濃度自体が正常であっても、総運動率40%と前進運動精子32%のいずれかが下回れば、精子の運動率が低いと判断されて精子無力症となります。

濃度や運動率はあくまでも目安なので、例え基準値を下回っているとしても、自然に妊娠できる可能性は少なからずあります。

つまり、造精機能障害とは精子が上手く作られていないケース、そして射精時に体外に上手く排出されないケースが存在すると分かります。

◆症状や原因によって治療法が異なる
症状や原因によって治療法が異なる
症状や原因は人によって違い、治療法もそれぞれ異なってくるといえるでしょう。

大切なのは原因をしっかりと把握して、効果的とされる治療を専門家のもとで受けたり続けたりすることです。

女性の側のみでは解決できない不妊の原因ですから、男性も協力して乗り越えることが重要です。

治療は精子の質を上げたり、射精中に精液中に含まれる精子を増やすきっかけとなります

治療を行うのとそうでないのとでは、妊娠の確率が大幅に左右されますし、何度も成功しなかった妊娠の悩みが解消する確率が高まります。

原因と治療法

◆閉塞性無精子症の治療法
閉塞性無精子症の治療法
精管・精巣上体部が閉塞すると、射出された精液中に精子が存在しなくなります。

精巣内で精子が作られている、でも射出時に外に出ない閉塞性無精子症は、同症状の実に15%から20%を占めるとされています。

精子が通る精管か精巣上体部が閉塞してしまい、精液と合流することできなくなって体内に留まります。

原因はいくつかありますが、一つは過去に鼠蹊ヘルニアやパイプカットの手術を受けている、あるいは先天的に精管がないケースが挙げられます。

また、精管があっても生まれつき細い、先天性精管形成不全の場合もあります。

精巣上体部が閉塞している場合は、過去に精巣上体炎を発症していて、その影響が残っていることも考えられます。

治療法は通り道を確保する精路の再建術や開通術、または閉塞している箇所を繋ぐ精管精管吻合術などです。

精管と精巣を繋ぐ精管精巣上体吻合術や、射精管内の閉塞部位を切開して開通させる手術など、いくつもの選択肢が用意されています。

◆非閉塞性無精子症の原因と治療法
非閉塞性無精子症の原因と治療法
逆に精管の異常は見られない非閉塞性無精子症は、何らかの理由で上手く作られないのが不妊の原因となっています。

具体的には、精巣の造精機能を著しく低下させる染色体異常のクラインフェルター症候群や、おたふく風邪が引き金となる精巣炎などがあてはまります。

精巣炎は後に、高ゴナドトロピン性性腺機能低下症がきっかけとなって、非閉塞性無精子症の発症を引き起こします。

脳下垂体の問題も無視できないポイントで、二次性徴開始に関連する遺伝子変異が疑われます。

遺伝子変異は先天性ですが、脳内器質性疾患や放射線照射といった、後天的な原因も関係しています。

治療法は原因によるものの、低下しているゴナドトロピンを補充する下垂体ゴナドトロピン療法は、精子を形成する機能を向上させます。

下垂体ゴナドトロピン療法は薬物療法で、手術しなくても不妊治療を行える点が魅力的です。

ただし、副作用として睾丸の萎縮が起こったり、乳房が女性化するなどのリスクがあります。
治療には精子の状態を判断することが不可欠なので、顕微鏡でチェックされます。

顕微授精は、非閉塞性無精子症の有効な治療法の一つで、精巣内あるいは精巣上体から採取して受精を試みます。

必ず成功するとは限りませんが、普通に膣内で射精を行うよりも上手く行く可能性がアップします。

不妊治療の代表的な治療法なので、実績は十分にありますし、妊娠に結び付く可能性として悪くない選択肢です。

複数の治療法が確立されている非閉塞性無精子症ですが、成熟停止とセルトリ細胞単独症には、残念ながら治療法はない状況です。

体の健康な状態を整える、もしくは自然治癒するのを待つといった、間接的だったり受動的な対処法しかないといえます。

治療法の研究は今も進んでいますし、新たな発見やヒントが確認されているので、将来的な希望が全くないわけではないでしょう。

◆乏精子症と精子無力症
乏精子症と精子無力症
乏精子症と精子無力症の原因は、精巣温度上昇や血流障害が起こる、精巣や精索部に整脈瘤ができる精索静脈瘤です。

精索静脈瘤はこれらの症状を引き起こし、精子濃度を低下させてしまうことで知られます。

二人目の不妊が起こる場合は、約8割に精索静脈瘤の症状や原因が発生しています。

低ゴナドトロピン性性腺機能低下症は、非閉塞性無精子症とも関係する症状で、ホルモン値の異常が原因に加わります。

カルタゲナー症候群は、常染色体の劣勢遺伝が原因で発症したり、重い精子無力症の引き金を引きます。

治療法は精索静脈瘤手術が中心で、重度の精索静脈瘤には手術で取り除く治療法が用いられます。

精索静脈瘤手術には、精巣温度上昇が引き起こす精子のDNA形成リスクを低減させ、精子の質を向上させる副次的な効果があります。

低ゴナドトロピン性性腺機能低下症であれば、非閉塞性無精子症と同様に下垂体ゴナドトロピン療法などが有力な治療法です。

カルタゲナー症候群には、精液中の中から生きている精子を探し出し、顕微授精を行うやり方が有効とされます。

妊娠に向けて男女共に体の状態が重要なので、女性側にも問題があれば、男性と一緒に並行して治療を受けることになります。

人工授精は子宮内に注入する方法ですから、予め男性の健康な精子を確保することが不可欠です。

体外受精や顕微授精も同様で、男性側が十分な濃度と運動率を持つ良質な種を提供しなければ、期待の妊娠を実現するのは困難です。

精管・精巣上体部が閉塞している時は、開通する手術で通り道を確保できます。

おたふく風邪や脳下垂体の問題は薬物療法か顕微授精で対応可能です。

精巣温度上昇などが起こる精索静脈瘤は、手術で状態を改善したり精子の質を向上させられます。

稀に治療法が確立されていない原因もありますが、大抵は複数の選択肢の中から改善方法を選ぶことができます。

授精に欠かせない、男性側が作る精子を上手く作ったり運べるようになるので、これらに不妊の原因を疑うなら診断や治療を受けることが肝心です。

造精機能障害を予防するには?

造精機能障害を予防するには?
造精機能障害は半数以上が原因不明とされ、複数の治療を試しても改善しない場合があります。

重要なのは造精機能障害のリスクを減らし、予防して不妊の原因を作らないことです。

治療が必要なケースと不要な状況では、妊娠の成功率が大きく変わってきます。

◆EDによる造精機能障害
EDによる造精機能障害
アルコールやサウナの入り過ぎ、更に頻繁な喫煙はEDの引き金となります。

EDは造精機能障害などと因果関係があるので、可能な限り避けたい症状となります。

アルコールはなるべく控え、我慢できない場合は内臓に過負担を掛けないペースで、無理なく楽しむことです。

休肝日を作るのも良い考え方で、アルコールが原因の造精機能障害予防に有効です。

内臓の負担は案外馬鹿にできませんから、今直ぐ子供を作る予定がなくても、将来を考慮して摂取を考えることが必要です。

室温が高温になったり、水分不足が発生しがちになるサウナは、男性の性機能にとって大敵です。

短時間なら問題がなくても、長く入り続けると造精機能に影響を及ぼし始めます。

水分不足も良くありませんから、サウナに入る時は制限時間を決めて、水分補給をしながら楽しむのが無難でしょう。

元々造精機能に不安がある時は、サウナそのものを控えて我慢することも求められます。

喫煙は誰もが想像できる通り、造精機能にも良い影響を与えない生活習慣です。

アルコールやストレスと並んで、喫煙も後天的な男性不妊の原因とされています。

少なくとも、妊娠にプラスの影響を与えることはありませんから、妊娠希望の場合は控えるのが賢明です。

EDは妊娠における大きなハードルで、造精機能障害を悪化させる要因にもなります。

アルコールや喫煙は、一見するとストレス発散に役立つと思われますが、実は逆で体にも負担を掛けます。

肥満も造精機能を低下させると報告されていますし、糖尿病も関わっていることが分かり始めています。

半数以上が原因不明とのことですが、他の病気や薬の影響を受けて、精巣が損傷したり機能に支障が出ることもあります。

精子の産出そのものに問題があったり、射精の経路にトラブルが生じることも少なくないです。

いずれにしても、リスクとなる原因はできる限り取り除いて、妊娠の成功率を確保することが大切です。

お酒や喫煙に頼るストレス発散は止めて、運動や食生活睡眠の改善、妊活サプリの摂取など、健康的な生活習慣を始めるのが合理的です。

サウナは高温環境が精子に良くないので、長時間を避けたりそもそも入らない方が安心できます。

他にも、睾丸を急激な温度変化に晒したり衝撃を与えないようにして、大切に守ることもポイントになります。

こちらの記事の執筆者

監修者:阿部純治柔道整復師免許執筆者:阿部純治

プロフィール:
柔道整復師
株式会社May-Plus 代表取締役

塚原整形外科、大手整骨院グループの株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。
翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。

こちらの記事は専門家による監修を行なっています

河井恵美監修者:河井恵美

プロフィール:
助産師・看護師・保育士
看護師・助産師の免許取得後、大学病院、市民病院、個人病院等に勤務。看護師教育や思春期教育にも関わっていました。

助産師の仕事が大好きで、25年以上この仕事をしています。

青年海外協力隊でコートジボアールとブルキナファソに赴任した後、国際保健を学ぶために大学院に進学・修了。2008年から夫の仕事の関係で、シンガポールに移住。

2人の子どもを育てつつ、現地の産婦人科に勤務し、日本人の妊産婦さん方に関わっています。インターネットでエミリオット助産院を開設しています。

エミリオット助産院についてはこちら
https://emiriot.jimdo.com/

こちらも読まれています

h2の花左 妊活サプリで摂取しておきたいビタミンとは?期待できる効果の一覧

ビタミンB群が摂れる食材


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
妊活サプリに多く含まれている成分といえば葉酸ですが、実はビタミンBの一種なのです。体にとってたくさんの効果が期待できるビタミンについて多く理解し、積極的に摂取しておきたい栄養素を抑えておきましょう。

詳しくみる

h2の花左 ガラノラクトンで血行改善?しょうがに含まれる成分

しょうが


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
ガラノラクトンには冷え性の改善や血行促進や食欲増進などがあります。また血管を拡張する作用があるので、血液やリンパ液の流れの滞りを無くして巡りの良い体に導くことが出来ます。むくみの解消や肩こりや腰痛の改善やダイエットなどにも良いです。

詳しくみる

h2の花左 ディアナチュラを調査!どんな成分の妊活サプリを摂取すべきか?

サプリ市場


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
ディアナチュラはアサヒグループのサプリメントで、妊活用としては葉酸や鉄分・カルシウム・亜鉛など多くの種類を取り扱っています。また市販と通販のものでは何が違うのか?メリット・デメリットをまとめましたのでご覧ください。

詳しくみる

h2の花左 妊活前のブライダルチェックとは?今後妊娠や出産を考えている方へ

マカを飲むタイミングとは?


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
結婚を間近に控えている女性を対象として実施する婦人科検診のことをブライダルチェックといい、妊娠や出産に影響を及ぼす病気である子宮筋腫の検査やクラミジア、HIV(エイズ)感染症、梅毒、肝炎といった病気にかかっていないかを医師がチェックをします。

詳しくみる

h2の花左 妊活にルイボスティーが良いのはなぜ?おすすめのお茶探し

ルイボスティー


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
ルイボスティーはノンカフェインであり、妊活から出産後の授乳中にも飲むことが出来るお茶です。アスパラシンと呼ばれる成分が含まれ、エストロゲンと同様の作用が期待されているので健康、美容にも効果が期待できます。

詳しくみる