おすすめの妊活サプリランキング!口コミや成分をチェック!
妊活サプリランキングヘッダー
妊活サプリランキングスマホ用ヘッダー

妊娠線対策はどうしたらいい?手遅れにならないためのケア

妊娠線ができやすい人とは?

妊娠線

徐々に大きくなっていくお腹を見て、新しい命の誕生に胸を躍らせる女性も多いのではないでしょうか。

食事や体重管理など、妊娠期間中は気を付けなければならないこともありますし、ベビー用品やマタニティ用品を買いそろえなければならないという点でも様々な苦労があります。

そんな中で多くの女性たちが気にしているのが妊娠線についてです。

お腹の出方や体質などは人それぞれ違うため、妊娠線の程度も人によって大きな差があります。
では妊娠線ができやすい人にはどういった特徴があるのでしょうか。

◆皮下脂肪が多いと妊娠線ができやすい

皮下脂肪 お腹
まずは皮下脂肪が多いということです。

たっぷりの脂肪を抱えていると、胎児の成長に合わせてお腹が大きくなっていく度合いも通常よりも大きくなります。

その分線が入りやすくなってしまい、お腹がしぼんだ後も跡がくっきり残ってしまうという事態を招きます。

◆肌の柔軟性が足りていない

水分 肌の乾燥
次に肌の柔軟性が乏しい人ですが、具体的には高齢妊娠で肌の伸びが良くなかったり、冷え性で冷え固まった肌をしている人によく見られる特徴です。

柔軟性がないと肌の伸び縮みができないので、無理矢理引っ張られて亀裂が入ってしまうのです。

また乾燥肌だという人も同じような傾向が見られ、元々乾燥によって肌の細胞の大きさがバラバラな状態になってしまうと、細胞同士の隙間に亀裂が入りやすくなり、それが妊娠線として残ってしまうというパターンです。

顔の保湿ケアは毎日行っているという女性が多いのですが、お腹や脚などの見えない部分までケアしている女性はそう多くはありません。
そのため実は乾燥していて、いざ妊娠したときにそれを痛いほど実感したという声も少なくはないのです。

◆双子の妊娠

双子の妊婦
最後に双子の妊娠をしている女性ですが、これは単純に1人よりも2人の方がお腹の膨らみが増すためです。

「以前妊娠したときには全く妊娠線ができなかった」という女性でも、経産婦で双子を妊娠した場合、たくさんの妊娠線ができてしまうことはよくあることです。

このように妊娠線ができやすい人には様々な特徴があります。

原因が1つではない以上、自分がどんなタイプに当てはまるのかを理解しケアしていくことが大切です。

双子の妊娠や高齢妊娠などの仕方がない内容の場合もありますが、ケアの仕方によっては妊娠線を最小限に抑えることは可能です。

またそのほかの特徴においては、体質改善をさせることで妊娠線ができにくい状態にすることもできるのです。

「私には関係ない」と思う人も中にはいますが、残念ながらできる人もいます。

割合としては7~8割とも言われるほどで、ほとんどの妊婦さんにできると言っても過言ではないでしょう。

だからこそしっかりと妊娠線に対する対策を行うことが大切です。

妊娠線ができてしまうのはなぜ?

考える女性

そもそもなぜ妊娠線ができてしまうのかということですが、そのメカニズムを理解しておかなければ予防もできません。
まずは妊娠線ができる原因について理解していきましょう。

妊娠線ができる原因は大きく分けて2つあります。

◆急激な皮膚の伸びがあると妊娠線になる

皮膚の伸び 妊娠線
まずは皮膚の急激な伸びによるものです。

妊娠初期の胎児はまだまだ小さく、お腹が大きくなるほどではないので一見妊婦さんだとは分からないでしょう。

またこの頃はつわりに悩まされる妊婦さんも多いので、通常の食事が受け付けられず、お腹が出るどころか普段よりも体重が落ちてしまう場合があります。

しかし中期に入ってくると、胎児は急激に成長をしていく上に、胎盤の形成が完了したり、羊水が増えたりなど体は大きく変化していきます。

それに伴って妊婦さんも食欲が増してきますし、体が出産の準備に向けて皮下脂肪を蓄えようとし始めるため、この頃から体重管理をしっかり行うように指導されます。

食べ過ぎなどによって太る人は、数ヶ月や数年というたくさんの時間をかけて脂肪を蓄えてお腹が出てくるようになります。

そのため急激に太ったり痩せたりしない限りは肉割れを起こすことはほとんどないのですが、それに比べると妊娠中のお腹の出方はとても急激なものです。

中期に入ったころはまだそれほど出ていないお腹も、後期になるとすれば足元が見えなくなるほどにお腹が出るようになります。

これだけ急激にお腹が出てくるということは日常ではほとんどありませんし、それだけ皮膚が引っ張られることになるのです。

その変化に耐えきれず、皮膚が割れて妊娠線ができてしまいます。

肌に柔軟性がある人はある程度の皮膚の伸びにも耐えられるのですが、乾燥していたり柔軟性がないとちょっとお腹が出てきただけでも激しい肉割れを起こします。

◆ホルモンの関係でコラーゲンが抑制される

コラーゲン
次にホルモンの関係ですが、妊娠中期から後期にかけては、女性ホルモンと副腎皮質ホルモンのステロイドホルモンというものが増えていきます。

このステロイドホルモンの一部は、実は皮膚のハリなどを維持させるのには欠かせないコラーゲンの生成を抑制する働きがあるのです。

これによって肌のターンオーバーが阻害されてしまい、古い皮膚から新しい皮膚に生まれ変わるサイクルを抑制させてしまいます。

いつまでも古い皮膚が残ったままだと、それがどんどん乾燥するようになり、その乾燥肌がひび割れて妊娠線ができてしまうという流れになります。

妊娠線という言葉で表現していますが、実際は肉割れと同じです。

太っている人の体を見ると足やお尻など様々な部分に白い線ができていることはよくありますし、太っていた人が急激にダイエットすることで皮膚の伸縮が追い付かず、線ができてしまっていることもよくあります。

ホルモンが関係するのは妊娠しているときならではの特徴ですが、体型が変わることによって線ができてしまうメカニズムは肥満体型の人と同じなのです。

だからと言って、妊娠中にまったくお腹が出ないようにするということはできません。

妊娠によってお腹が出るのは太ることとは違いますし、無理に体型維持につとめようとすると、胎児に負担をかけてしまうことにも繋がります。

そのためお腹が出ないようにすることに集中するのではなく、急激な皮膚の伸びを抑えるように工夫することが大切なのです。

その方法は様々なのですが、どんな方法をとるとしてもまずは妊娠線ができるメカニズムを理解しておくことが重要です。

妊娠線ができる原因は、皮膚の急激な伸びです。

線ができる程度は人それぞれ違うとは言っても原因に個人差があるわけではありません。

妊娠すれば誰もがお腹が出てきますし、女性である以上ホルモンの影響もみんな同じように受けます。

そのためどちらも原因として当てはまるという風に考えた上で対策を講じるようにしましょう。

妊娠線ができるともう治らない?

妊娠線 悩む女性

妊娠線は妊娠した約8割の女性が経験すると言われるほど高い確率でできてしまいます。

ひび割れた最初の頃は赤紫色にまるで雷が走っているかのようにたくさんの線が入ってしまうことがありますが、出産を終えてお腹が徐々に戻っていくのと同時に、妊娠線も時間の経過とともに色が白っぽくなっていき、最終的には肌の色と同化してほとんど目立たない状態まで回復することがあります。

それは肌のターンオーバーによって古い肌から新しい肌に生まれ変わっていることも影響しています。

このまま様子を見ていれば完全に線がなくなるのではないかという淡い期待を抱いている女性もたくさんいるのですが、残念ながら妊娠線は完全には消えません。

ボディクリームなどを使ってしっかり保湿をし、肌のケアを行ってできるだけ目立たない状態まで回復させることはできますが、全然分からないと思うほどに薄くするのはなかなか難しいものです。

では諦めるしかないのかということですが、決してそうではありません。

実はまったくないと思わせるほど目立たせなくする方法があります。

それは手術による治療で、皮膚を直接ケアしていくという方法です。

皮膚科や美容整形外科などで施術を行っているのですが、そのやり方は非常に様々です。

レーザーがメインとなりますが、種類もたくさんありますし、どこまで目立たないようにすることができるかは内容によって異なります。

自力でのケアでは改善させることができなかったという人や、お金がかかってもどうしても妊娠線を消したいと強く願う女性にとってはこの手術を受けるというのも手段の1つです。

妊娠線を予防するためのアイテム

妊娠線 クリーム

妊娠線予防のために様々なクリームが販売されていますが、たくさんありすぎてどれが良いのかが分からないという人も多いでしょう。

肌に塗る物なので人にって合うか合わないかは個人差がありますし、せっかく買うのであればしっかりと効果が感じられるようなものが良いですよね。

そこでたくさんあるクリームの中でも、特に人気が高いものをいくつか紹介していきます。

モナマミーマタニティクリーム

モナマミーマタニティクリーム

白いボトルに黒で描かれた絵と小さな文字のシンプルなデザインのクリームです。
チューブで販売されていることが多いクリームなのですが、このモナマミーマタニティクリームはポンプ式だという特徴があります。

片手で簡単に出すことができるので、面倒くさがりな人にってはうってつけだと言えるでしょう。

では実際にどのようなクリームなのかということですが、まず特徴としてあげられるのはやわらかめのクリームだということです。
例えるならとろみのあるローションと変わらないくらいのかたさなのではないでしょうか。

そのため非常にのびがよく、たくさん使わなくてもしっかりお腹全体に塗ることができます。

このモナマミーマタニティクリームは保湿力にだけ注目しているのではなく、肌には嬉しい様々な成分が含まれています。
例えば細胞の修復力を高めたり、ターンオーバーの改善や肌の老化、血行改善ができるなど様々です。

妊娠線予防だけに使うのはもったいないと思うほどたくさんの効果を期待することができるので、多くの妊婦さんからも支持されています。

市販のクリームに比べて少し値は張りますが、何度も購入しなくても1本あるだけである程度の期間はもちますし、余れば妊娠後のケアに使うということもできるので無駄がありません。

フォーファムボディクリーム

フォーファムボディクリーム

チューブとポンプのどちらもあるのですが、このフォーファムボディクリームは非常に多くの著名人に支持されているクリームです。

日本とアメリカでNo.1を獲得した功績がありますし、たくさんの雑誌にも取り上げられているので知名度もとても高いのです。

このフォーファムボディクリームを愛用しているのはママになったモデルさんやタレントさん、またこういった人を妻に持つという男性芸能人などが挙げられます。

大容量でたっぷり使えますし、低刺激なので妊婦さんはもちろんのこと赤ちゃんにも使うことが可能です。

妊娠線予防に使った後には、入浴後の赤ちゃんと自分で使うということができるのも魅力の1つです。

また妊娠線予防としてだけではなく、肌の乾燥を防ぐために利用しているという人もたくさんいます。

入浴後や運動をして汗をかいた後など、乾燥に悩む女性にとっては非常に需要がたかい商品だと言っても良いでしょう。

このクリームは大豆や牛乳、卵由来の原料を使用していないので、アレルギーが心配だというママにとっても安心して使えるボディクリームです。

ノコアの浸透ケアセット

ノコアの浸透ケアセット

多くのクリームが「妊娠線予防」のために作られているのに対し、このノコアの浸透ケアセットは「妊娠後のケア」のために作られています。

妊娠したことによってすでにできてしまった線はもちろんのこと、体型の変化でできてしまった肉割れにたいしても効果があると言われています。

ノコアの浸透ケアセットはまず最初にブースターオイルを使用します。

茶色いボトルが特徴的なこのオイルは、角質層深くまで届いてクリームの効果をより効率よく吸収することができるように基盤を作ってくれます。

その後は白いチューブに入っているトリートメントクリームを塗るのですが、このクリームが高い保湿力を実現し、更にはダメージの修復力も高いので妊娠線のケアにはうってつけの商品なのです。

この2ステップでのケアを前提として販売されているので、単体での使用はすすめられていません。

ケアしてもできてしまった妊娠線を改善させたいと思っているのであれば、このセットを利用してみるのも手段の1つです。

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリーム

 

多くの著名人が愛用しており、雑誌にも取り上げられていることから知名度がとても高い商品の1つです。

実際に妊娠線ができ始めるのは、お腹が出てくるようになる中期頃です。

しかし妊娠線ができにくいような状態を作るためには、中期からのケアでは手遅れの場合があります。

お腹が出ていない初期段階からしっかり保湿をし、皮膚を柔らかくしておくことによって、いざお腹が出てきたとしても線ができにくいようにすることができるのです。

だからこそベルタマザークリームは妊娠初期から仕様することがすすめられています。

皮膚の奥までしっかり成分が届き、肌の調子を整えてくれることですべすべでもちもちとした肌を維持させやすくなります。

2016年と2017年にはモンドセレクションで2年連続銀賞を獲得しているという功績があるので、実力派のクリームであることは一目瞭然です。

妊娠中からしっかりとケアをしていきたいという人や、出産後も人に見られても恥ずかしくないような状態を維持したいという女性から人気があります。

妊娠線に関するトラブルは多くの女性たちの悩みです。

だからこそ高い保湿力でケアをすることができるように様々な商品が販売されているのですが、中には妊娠していなくてもその高い保湿力を得るためにボディクリームを愛用しているという人はたくさんいます。

ただ妊娠線のことを意識して利用するのであれば、念頭に置いておくべきは「気長にケアをする」ということです。

できてしまった妊娠線を目の当たりにすると、思わずため息が出てしまう女性もたくさんいるでしょう。

だからと言って一度ケアしただけで線が目立たなくなるようなクリームは世界中どこを探しても存在しません。

毎日のスキンケアで肌の調子が整うのと同じで、ボディクリームを毎日使ってケアしていくことで、初めて妊娠線が目立たなくなっていくようになるのです。

美しい状態を早く手に入れたいという女性の気持ちはとてもよく分かりますが、何事も継続が大切です。

毎日保湿を続けていき、気長にケアしていけば少しずつでも妊娠線の状態が改善されていくでしょう。

まとめ:妊娠線は予防がすべて

妊娠線 予防が大切

結論を言うと、妊娠線を完璧に消すことはできません。

ある程度目立たないようにすることは可能だとしても、なかったことになどできないのです。

しかし何歳になっても美しくありたいと願うのも女性ですから、お腹に線が残った状態を嫌がる人も多いでしょう。

ではどうすればいいのか、それは予防をしっかり行うことにつきます。

妊娠線を消すのは困難なので、まずは妊娠線ができないように毎日のお手入れを行うことが重要になってきます。

妊娠線の予防は専用のクリームを使ってしっかり保湿をするという方法もありますが、実はそれだけではありません。

まずは成長ホルモンの分泌を盛んにするということです。

成長ホルモンは代謝を上げたり、肌のターンオーバーを盛んにしてくれるという働きがあります。

そのためダイエットや、健康的な肌を維持することにも繋がります。

妊娠線においても同じで、皮膚の状態が良くなり、ターンオーバーが行われて妊娠線ができにくい状態にすることができます。

成長ホルモンは眠っている間に盛んに分泌されているので、できるだけ質の良い睡眠をとることができるように工夫をしましょう。

次に水分補給をしっかり行うということです。

人間の体の多くは水分で構成されているので、水分をしっかりとっているということは体全体の調子を整えることになります。

体内の老廃物を排出し、代謝を上げることができるため健康にも美容にも嬉しい効果を与えてくれます。

このように妊娠線は予防がすべてだと言っても過言ではありません。

だからこそ妊娠中の過ごし方やケアの仕方はとても重要となりますし、産後の体にも大きく影響を及ぼすのです。

こちらの記事の執筆者

監修者:阿部純治柔道整復師免許執筆者:阿部純治

プロフィール:
柔道整復師
株式会社May-Plus 代表取締役

塚原整形外科、大手整骨院グループの株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。
翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。

こちらの記事は専門家による監修を行なっています

河井恵美監修者:河井恵美

プロフィール:
助産師・看護師・保育士
看護師・助産師の免許取得後、大学病院、市民病院、個人病院等に勤務。看護師教育や思春期教育にも関わっていました。

助産師の仕事が大好きで、25年以上この仕事をしています。

青年海外協力隊でコートジボアールとブルキナファソに赴任した後、国際保健を学ぶために大学院に進学・修了。2008年から夫の仕事の関係で、シンガポールに移住。

2人の子どもを育てつつ、現地の産婦人科に勤務し、日本人の妊産婦さん方に関わっています。インターネットでエミリオット助産院を開設しています。

エミリオット助産院についてはこちら
https://emiriot.jimdo.com/

こちらも読まれています

h2の花左 妊活ドラマの「隣の家族は青く見える」でわかるさまざまな夫婦や愛情の形

隣の家族は青く見える


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
2018年に放送したフジテレビのドラマ「隣の家族は青く見える」は妊活に挑む夫婦だけでなく、子供を必要としない夫婦も登場し、隣の家族が青くみえても、それぞれの悩みや秘密を抱えている部分が次々と明らかになる、そんな見応えのある内容となっています。

詳しくみる

h2の花左 妊娠前デトックスが妊活にいい?きれいなカラダで産みたい

デトックス


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
子どもが欲しいと思っても、願ったらすぐに命を宿してくれるというような単純なものではありません。少しでも確率を上げるための方法をとらなければなりません。その方法の1つとなるのが妊娠前デトックスです。

詳しくみる

h2の花左 妊活サプリのマカナ(makana)が人気ランキング上位!爆発的に売れる理由とは?

マカナ


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
妊活サプリで人気のマカナ(makana)がなぜ売れるワケとは?①オールインワンで多くの栄養素が摂ることができる②マカが配合され男性にも効果が期待できる③成分からしても価格、コスパが良い、など多くの理由が存在しています。

詳しくみる

h2の花左 妊活に睡眠の質は必要!おすすめしたい安眠法とは?

寝ている妊婦


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
妊活中の方で睡眠を意識して摂っている方が多いと思いますが、ただ長く眠ればいいわけではなく、質も大切なのです。どのようにしたら日常の睡眠の質を上げられるのかをこちらのページで解説いたします。

詳しくみる

h2の花左 ママサポートイズミは妊娠中や出産後専用のオールインワンサプリ


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
ママサポートイズミは実年齢より若く見られたいという人や内側から綺麗になりたいという人、女性らしくなりたいという人などにおすすめです。妊活中から妊娠、そして出産後の女性をサポートできるオールインワンサプリです。

詳しくみる