おすすめの妊活サプリランキング!口コミや成分をチェック!
妊活サプリランキングヘッダー
妊活サプリランキングスマホ用ヘッダー

妊娠高血圧症候群とは?妊活している女性が知っておきたい予備知識

決してめずらしい病気ではない、【妊娠高血圧症候群】。

妊活中の女性が知っておきたい予備知識として、妊娠高血圧症候群の原因や症状、状態や対処法、予防法などについて、専門家の視点をあわせながらわかりやすく解説します。

妊娠高血圧症候群はどんな病気?

疑問を持つ女性
妊娠中は、つわりや腰痛、イライラなど、カラダとココロのコンディションが不安定になりやすい時期です。

このような症状のほかにも、心配されているのが【妊娠高血圧症候群】。

妊娠中の女性であれば誰もがかかる可能性のあるこの疾患について学んでいきましょう。

日本産科婦人科学会による妊娠高血圧症候群の定義から

◆「妊娠中毒症」と以前は呼ばれていた
お腹の赤ちゃんを抑える妊婦さん
妊娠してから20週以降~34週未満で発症する妊娠高血圧症候群は早発型、妊娠してから34週以降での発症を遅発型といいます。

以前までは、妊娠中毒症と呼ばれていましたが、現在は妊娠高血圧症候群という病名で呼ばれるようになっています。

◆お母さんや赤ちゃんに直接関係があり得る影響は高血圧
赤ちゃんを抱く母
妊娠高血圧症候群の症状のひとつである、高血圧は、ママや赤ちゃんにいろいろな障害を起こすことが多く、昔から産婦人科のドクターが診察においてもっとも注意を払う妊娠中の異常ともいわれています。

◆2005年4月より「妊娠高血圧症候群」の病名になり普及
ドクター
日本妊娠高血圧学会では、約10年前より当時呼ばれていた【妊娠中毒症】という病名を廃止し、高血圧の症状が認められる場合にのみ焦点をあてた病名をあらたに検討していました。

◆妊娠高血圧症候群の発症時期
妊娠中の女性
妊娠高血圧症候群の発症時期は、妊娠20週以降~分娩後の12週の間であり、高血圧や高血圧と蛋白尿が見られる場合のことをいいます。

◆医師による正しい診断に必要な症状
妊婦健診
妊娠高血圧症候群は、妊娠20週以降や分娩後12週までに高血圧がみられる場合、または、高血圧に蛋白尿を伴う場合にドクターによって診断されます。

ですが、もともと妊娠前から高血圧や蛋白尿があると診断されている場合は、腎疾患合併妊娠や、高血圧合併妊娠という病名になっています。

◆妊娠20週以降、分娩後12週まで高血圧がみられる場合
妊娠高血圧症候群
妊娠20週以降で分娩後12週までに高血圧がみられる場合、妊娠高血圧症候群と診断されます。

妊娠高血圧症候群の診断基準

妊娠高血圧症候群の診断基準には、次のようなことがあります。

妊娠高血圧症候群の診断はどう行なわれる?分類は?

◆妊娠高血圧症候群と診断されるときの血圧数値・尿中蛋白
病院
5分以上の安静後、座って1−2分間隔似て2回血圧を測定してその平均値を見ます。収縮期の血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧が90mmHg以上ある場合、また両方の場合が高血圧の基準となります。

蛋白尿は、 尿検査で24時間の尿を集め、一日の蛋白尿を正確に測定し、300mg以上の場合が基準となっています。

◆高血圧のみの場合は妊娠高血圧症
血圧検査
蛋白尿がなく、妊娠の20週以降に高血圧のみの症状が見られる場合は、【妊娠高血圧症】の判断がされます。

◆高血圧と蛋白尿をいずれもある場合は妊娠高血圧腎症
横たわる妊婦
妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧と蛋白尿のいずれもある場合は、妊娠高血圧腎症と診断されます。

◆妊娠前から高血圧だった場合
血圧の高い女性
妊娠の前から蛋白尿や高血圧が存在している場合は、高血圧合併妊娠や腎疾患合併妊娠という病名になります。

◆妊娠時期が異なる発症の違いで早発型・遅発型に区別される
カレンダー
妊娠高血圧症候群は、妊娠20週以降~34週未満で発症した場合が早発型、妊娠342週以降での発症は遅発型とよばれています。

妊娠高血圧症候群はどんな問題が?

妊娠中期以後、お母さんに高血圧や尿蛋白などが見られると、赤ちゃんの健康に悪い影響を及ぼすことがあります。
ここでは、妊娠高血圧症候群で起こるリスクや問題について学んでみましょう。

妊娠高血圧症候群になると妊婦と赤ちゃんのへの影響は?合併症の危険あり!先生の診察が必要!

◆子癇・脳出血
MRI
妊娠20週以降にはじめて起こる痙攣発作で、てんかんや脳腫瘍、などが原因とされないものを言います。

子癇は、妊娠中や分娩中、分娩後のいずれの時期にも起き、ほとんどが妊娠高血圧症候群の妊婦さんに起こるといわれています。

痙攣を起こした妊婦さんの場合、脳出血が起きている場合もあるため、CTやMRIなどで診断をします。

◆肺水腫
肺
肺胞のまわりにある毛細血管から血液の液体部分が肺胞内へ滲み出した状態を肺水腫といいます。

◆肝機能障害 HELLP症候群
肝臓
妊娠中、出産中、出産後に、血液中の赤血球が壊され、肝臓の機能が不安定になり、血小板が減少してしまう病気のことをいいます。

◆腎機能障害
腎臓の痛み
腎臓の機能が低下し、むくみが起きやすくなったり、規則的な排尿ができなくなる疾患のことをいいます。

◆赤ちゃん(胎児)の健康が不安!考えられる合併症の可能性
お腹の中の赤ちゃん
妊娠高血圧症候群は、子宮や胎盤への血流が悪くなり、赤ちゃんが栄養不足になったり、酸素が不足してしまうリスクがあります。

胎児発育不全・常位胎盤早期剥離・胎児機能不全など

子宮
妊娠高血圧症候群によって、子宮の収縮が起こると、子宮から胎盤に向かう血行が悪くなり、胎児の心拍に異常が起こりやすくなります。

妊娠高血圧症候群の治療方法

つづいては、病院にて妊娠高血圧と診断された場合、具体的にどのような治療を行うのか、自身でも解決できる方法と、クリニックでの治療方法を解説します。

程度・妊娠週・胎児の発育状態で治療内容が決まる

◆軽症で初期症状なら投薬は控え食事を改善!カロリー制限や塩分制限と安静を
血圧によい食事
妊娠高血圧症候群の症状が比較的軽い場合は、お薬の治療は控えることが原則になっています。

外来通院をしながら、毎日の食事のカロリー制限や塩分の制限が勧められるといった治療がメインとなっています。

塩分制限は、具体的に1日の摂取量が7g~8g以下が推奨されており、極端な塩分制限はされません。

◆重症なら入院が必要!降圧薬を内服!起こる副作用は?厳重な管理も!
点滴を受ける女性
妊娠高血圧症候群の症状が重症な場合は、入院して安静にし、血圧を下げるお薬を服用したり、子癇(けいれん)をおさえるための点滴注射を行ったりする治療となっています。

降圧剤の副作用では、個人によってめまいや咳などの症状が多く見られています。

◆赤ちゃんの状態次第で帝王切開になることもあり
診察を受ける妊婦
妊娠高血圧症候群は、帝王切開になるとは限りません。

それぞれの妊婦さんの状態、赤ちゃんの状態によってドクターが帝王切開をするのかどうかの判断をします。

高血圧症候群の重症度や赤ちゃんの大きさや週数などで判断がされます。

普通のお産がドクターによって判断された場合でも、妊婦さんや赤ちゃんが途中で何らかの異常事態になった際、帝王切開に切り替えられることがあります。

◆出産後には症状が改善することがほとんど
赤ちゃんと母
妊娠高血圧症候群は、出産後、状態が徐々によくなることが多いようです。

重症の場合では、出産後もしばらくは血圧が高い状態や、蛋白尿が出続けることがあり、血圧を下げたり、痙攣を防ぐための医薬品を使うこともあります。

妊娠高血圧症候群を発症しやすい人

妊娠高血圧症候群は、肥満や高年齢、高血圧や糖尿病など、病気のある妊婦さんが発症しやすいといわれています。

ここで、具体的な特徴について学んでみましょう。

妊娠高血圧症候群になりやすいリスクがある人とは?

◆妊娠高血圧症候群の自覚症状~妊婦健診で初めて分かることも多い
不明
妊娠高血圧症候群の原因は今のところははっきりとわかっていないのです。

妊娠高血圧症候群になると、頭痛や気分の悪さが長引き、この症状で健診に行った際、はじめて自覚する妊婦さんも多いようです。

◆35歳以上、または15歳以下の人
考える女性
妊娠高血圧症候群は、35歳以上の妊婦さんに発症率が多く、40歳以上の妊婦さんの場合は、ますますリスクが高まるといわれています。

若ければ妊娠高血圧症候群にならないというわけではなく、15歳以下のデリケートな体質の女性も発症率は高くなっています。

◆初めて妊娠した人
初めての妊娠
妊娠が初めての女性も、出産を経験している女性より、妊娠高血圧症候群を発症する確率が高いといわれています。

さらに、はじめての妊娠から5年以上経過した人も、発症率が高くなっています。

◆双子など多胎妊娠の人
双子を妊娠した女性
双子など、多胎妊娠の場合も、妊娠高血圧症候群になる確率が高いことがデータからも明らかになっています。

◆医療機関で治療中の人(高血圧・甲状腺機能障害・糖尿病)
診察を受ける女性
もともとの体質に高血圧や糖尿病などがあり、医療機関で治療している人は、妊娠高血圧症候群にかかりやすいといわれています。

◆以前に妊娠高血圧症候群だった人
定期的な健診を
前回に、妊娠高血圧症候群と診断された女性は、今回の妊娠でも、この症状になってしまう確率が50%ととても高くなっています。

病気を重症化させないためには、妊婦健診をきちんと受診して軽症のうちに治療することが重要です。

妊娠高血圧症候群!女性の予備知識は?

妊娠高血圧症状群は、重症化してしまうと、母体や赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼし、合併症などのリスクが高まってしまいます。

安心・安全、すこやかな出産を終えるために、妊娠高血圧症候群の知っておきたい予備知識を学んでみましょう。

妊活で知っておくべき妊娠高血圧症候群

◆不安・悩みの多い妊活中に高血圧・蛋白尿にも注意・予防の意識が大切
健康状態の把握
妊婦健診を定期的に受診し、自覚症状がなくても高血圧と蛋白尿の有無を調べ、ご自身のカラダの状態をしっかりと把握しておきましょう。

◆異常な体重増加はむくみかも?
腎臓機能
体重の増加は、妊娠中は自然なことでもあるのですが、カラダがむくんでいる際は、腎臓の機能が低下しているサインかもしれません。気になる人は、医師に相談しましょう。

◆定期的に病院へ!産婦人科で状態を欠かさずチェックしましょう
産婦人科へ向かう妊婦
妊娠高血圧症候群の症状が出ていなくても、数日のうちに発症・悪化するケースは決してめずらしくありません。

定期的に病院へ受診し、血圧と蛋白尿の検査を欠かさずに行いましょう。

妊娠高血圧症候群を重症化させないためにも、妊婦健診をしっかり行い、軽症のうちに適切な治療をすることが大切です。

◆妊娠後期にむくみが出やすくなる
血圧をはかる女性
妊娠後期にむくみの症状が出て、悪化している場合は血圧上昇につながる恐れがあります。

◆胎盤の血液循環が悪くなる
お腹の赤ちゃんへの影響
妊娠高血圧症候群によって、胎児への血液の流れも同じように悪くなってしまいます。
すると、赤ちゃんに必要な酸素や栄養が不足してしまい、赤ちゃんの成長が遅くなる可能性が高くなります。

血液の循環が悪くなってしまうと、食事やサプリメントから栄養を摂取していても、しっかりとカラダの中に取り込むことができなくなってしまうため、むくみなどのカラダの変化に敏感になるようにしましょう。

◆母体の血管細胞の損傷
お腹に触れる妊婦
胎盤にて血流などのトラブルがあると、母体の血管に大きな負担がかかってしまいます。

このトラブルによって、特に腎臓の血管が傷ついてしまうと、蛋白尿などの症状が起こりやすくなります。

腎臓の血管損傷は、血液中の不要物を分解し、尿として排出するろ過の機能が低下し、排出されるべきではない蛋白が尿と一緒に流れてしまうことにつながります。

同じように、腎臓のフィルター機能が低下してしまうと、老廃物を排出することができなくなり、むくみが発症し、長く続いてしまうことも。

母体の血管細胞が損傷してしまい、この症状が悪化すると、カラダ全体に血管障害が起きてしまいます。

すると、赤血球が壊れてしまったり、血小板が減少してしまうことで出血が止まらなくなり、貧血になってしまうことがあります。

◆妊娠高血圧症候群だった人の体験!生後・育児をサイト記事で情報集めも参考
スマホで情報収集する女性
プレママのための妊活雑誌など、インターネットの中には、妊娠高血圧症候群だった女性のリアルな体験談が提示されていることもあります。

このような生後・育児に関する情報を、ネットや雑誌の記事で集めておくと、自身と同じような悩みを持つ人のリアルな体験談を知ることができます。
ここで、妊娠高血圧症候群だった人がどんな体験をし、治療をして無事に出産できたのか、役立つ報告をご紹介します。

①はじめての妊娠で、病院へ健診に行った際、ドクターから妊娠高血圧症候群がもっとも心配な病気であることを知らされました。
もともとすごくむくみやすい体質だったので、塩分控えめの食事に制限し、未然の予防に努めました。

②妊娠2回とも、妊娠高血圧症候群になってしまいました。
とても不安でしたが、できる予防法をすべて取り入れ、帝王切開で元気な赤ちゃんを産むことができました。

③むくみと高血圧の症状が妊娠中期に起き、すぐに健診したら妊娠高血圧症候群と診断されました。
安静にすることと、適度にカラダを動かすこと、食事の栄養バランスに気をつけ、産後は徐々に血圧が安定し、むくみもまったくなくなりました。
やはり自覚症状がなくても、早めの対策とマメな健診がイチバンのポイントだと思います。

妊活で知識を!妊娠高血圧症候群まとめ

大切な妊婦健診
妊活中から、妊娠高血圧症候群の予備知識を身につけ、病気の兆候を察知することが大切です。

健やかな母体のまま、元気な赤ちゃんを産むためにも、不安や悩みはドクターに相談し、ストレスを溜めずに穏やかな毎日を過ごせるよう、心がけたいですね。

こちらの記事の執筆者

監修者:阿部純治柔道整復師免許執筆者:阿部純治

プロフィール:
柔道整復師
株式会社May-Plus 代表取締役

塚原整形外科、大手整骨院グループの株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。
翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。

こちらの記事は専門家による監修を行なっています

河井恵美監修者:河井恵美

プロフィール:
助産師・看護師・保育士
看護師・助産師の免許取得後、大学病院、市民病院、個人病院等に勤務。看護師教育や思春期教育にも関わっていました。

助産師の仕事が大好きで、25年以上この仕事をしています。

青年海外協力隊でコートジボアールとブルキナファソに赴任した後、国際保健を学ぶために大学院に進学・修了。2008年から夫の仕事の関係で、シンガポールに移住。

2人の子どもを育てつつ、現地の産婦人科に勤務し、日本人の妊産婦さん方に関わっています。インターネットでエミリオット助産院を開設しています。

エミリオット助産院についてはこちら
https://emiriot.jimdo.com/

こちらも読まれています

h2の花左 ED(勃起不全)の原因とは?妊活男性が気を付けておきたい習慣

男性ストレス


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
ED(勃起不全)が起こるのは勃起するのに十分なだけの血液が陰茎に流れ込まないからですが、その原因としては生活習慣病や加齢などが原因の血管や神経のトラブルが考えられます。また不妊の原因は男性に半分あるといわれています。

詳しくみる

h2の花左 子宝ヨガとは?妊活女性が妊娠体質になるためのエクササイズ

ヨガ


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
ただいま妊活女性の間で、ホットヨガが子宝ヨガと呼ばれて人気を集めています。代謝が向上し、ゆったりした動きやポーズ、深い呼吸により心身に良い影響やストレス解消がされ、自律神経を整える効果やホルモンバランスを整える効果も期待できます。

詳しくみる

h2の花左 アルガの滴は葉酸とDHAが十分に摂取できる妊活サプリ。特徴や成分・期待できる効果とは?


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
アルガの滴は、赤ちゃんがママのお腹の中で育つのに必要な葉酸やDHAなどの成分をカプセルに閉じ込めたサプリです。お腹の赤ちゃんはママが摂取した栄養を、胎盤を通じて吸収して成長します。妊娠中の女性こそ、必要な栄養を摂取することが重要です。

詳しくみる

h2の花左 妊活にルイボスティーが良いのはなぜ?おすすめのお茶探し

ルイボスティー


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
ルイボスティーはノンカフェインであり、妊活から出産後の授乳中にも飲むことが出来るお茶です。アスパラシンと呼ばれる成分が含まれ、エストロゲンと同様の作用が期待されているので健康、美容にも効果が期待できます。

詳しくみる

h2の花左 妊活の雑誌や本でおすすめなものとは?妊娠に必要な情報集め

妊活中の女性が読む雑誌


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
妊活をするのは初めてという人にとってまず問題になるのは、どのような方法で情報収集していくかです。ひとつは、妊活関連の本や雑誌を読むことが挙げられます。もうひとつは、ネットでの情報収集です。

詳しくみる