おすすめの妊活サプリランキング!口コミや成分をチェック!
妊活サプリランキングヘッダー
妊活サプリランキングスマホ用ヘッダー

妊婦さんでも飲めるお茶と避けておきたい成分とは?

おすすめのお茶
妊活中はとても敏感になってしまいますよね。

体調面についてももちろんそうですが、食事や飲み物など体に入るものは特に気になります。

水や白湯を毎日飲んで健康管理しているという人もいれば、毎日お茶が飲みたい!という人もいます。

実はお茶にも様々な種類があるのです。

今回は妊活中のお茶について紹介していきます。

目次

妊婦さんにおすすめのお茶・効果・注意点

ハーブティー
妊活中は飲み物などにも気を配ったほうがいいのです。

カフェインが入ったお茶は妊娠中も避けたほうがいいのです。

なので、妊活中からも気を付ける!ということが必要です。

では、妊活中に役立つお茶について紹介していきます。

妊活で役立つお茶はどんなものを選べばいいの?

どんなお茶を選べばいい?
妊活中に役に立つお茶はどんなものなのでしょうか?

また、妊活中のカフェインはなぜだめなのでしょうか?

では、紹介していきます。

◆カフェインは含まれない方が良い理由
妊活中にNG
まず、カフェインは含まれない方がいい理由というのは実は妊活にはとても大きく影響してきます。

流産のリスクを上げてしまうというような研究結果が発表されています。

カフェインの成分というのは利尿作用があって、体を冷やす可能性もあります。

よく、コーヒーや緑茶を飲んだ後にトイレに行きたくなるということがありますよね。

それはカフェインによって利尿作用が働いているからです。

利尿作用だけでなく、子宮周りの血流が悪くなってしまうということもあり、体を冷やしてしまうことに繋がります。

なので、カフェインは避けたほうがいいと言われています。

また、妊婦さんもカフェインは避けるようにしましょう。

胎児はカフェインが胎盤を通して送られてきたとしてもそれを分解する力はありません。

発育不全につながる危険があるので注意しましょう。

しかしながら、これは大量にカフェインを摂ったときの話で、1日にティーカップ2−3杯程度なら問題ないとされています。

◆飲んで安心なお茶の成分・効能や注意
飲んで安心のお茶とは?
妊活中というのは体を冷やすことがとてもダメなことです。

なので、お茶を飲むのはとてもいいことなのですが、かと言ってカフェインを摂取するというのはダメなのでカフェインが含まれていないお茶を飲んだほうがいいでしょう。

ハーブティーと言っても成分によっては妊活に影響が出てしまうことがあります。

きちんと成分の確認が必要です。

では、妊活中にオススメなお茶についていくつか紹介していきます。

◆たんぽぽ茶
たんぽぽ茶
まずは1つ目です。

たんぽぽ茶はたんぽぽを乾燥させて、それを焙煎して飲むという感じです。

たんぽぽ茶にはカフェインは入っていませんし、妊活中に嬉しい成分ばかりが配合されています。

・鉄分
・カリウム
・ミネラル

この3つです。

鉄分はやはり、女性は貧血になりやすく、妊娠中はとくに鉄分が必要になってきます。

なので、妊活中から鉄分を多く摂取しておくことが必要です。

カリウムは利尿作用があります。

利尿作用?さっき、利尿作用はダメって言ったじゃん!と思うかもしれませんがカリウムの場合はむくみの解消をしてくれます。

むくみというのは体にも悪影響ですし、心臓にも負担がかかってしまいます。

なので、とても嬉しい成分なのです。

また、たんぽぽ茶は便秘しているという人もよく飲んでいます。

便秘を解消してくれる作用もあるのです。

妊活中も便秘で悩んでいるという人にとってとてもオススメなお茶です。

◆ルイボスティー
ルイボスティー
ルイボスティーは今や多くの人が飲んでいます。

しかし、効果や成分が分からなくては飲んでいても意味がありません。

カフェインは入っておらず、妊活中の女性が飲むと冷えに対して効果があるのでとてもオススメです。

ルイボスティーにはミネラルや鉄分、カルシウムなど女性に嬉しい成分が豊富に含まれているので妊活中にもぜひ、飲んでいただきたいお茶です。

◆麦茶
麦茶
麦茶というのは意外と毎日のように飲んでいるという人がいるのではないでしょうか?

緑茶とは違い、カフェインは入っていませんし、お手頃に入手することができるので一般的に飲まれています。

麦茶は実は素晴らしい成分を含んでいるのです。

・アルキルピラジン
・GABA
・カリウム

アルキルピラジンは血液をサラサラにしてくれる効果があります。

なので、心筋梗塞や脳梗塞など血管系の病気を予防することができます。

GABAはよく、妊活サプリなどに配合されています。

ストレスを抑えてくれたり、血圧を下げてくれたりします。

生理前のイライラなどもこのGABAで抑えることができるんです。

カリウムは高血圧やむくみを解消してくれます。

高血圧は母体にも胎児にも悪影響を及ぼします。

むくみは血圧を高くしてしまうこともあるのです。

その二つを解消してくれるのは妊活中もありがたいですね。

◆ハーブティー
ハーブティー
ハーブティーというのはハーブの種類によって効果が違います。

そのハーブは様々な栄養素が含まれています。

よく、ハーブティーとして聞くのはカモミールティーではないでしょうか。

カモミールティーは不眠症の解消、冷え性の解消、疲労回復、生理痛の緩和があります。

どれも妊活中にはとても大切なことです。

なので、気分によってハーブティーのハーブの種類を変えて飲むのも良し!

自分の好きなハーブティーを見つけましょう。

カフェインを過剰に摂るとどんな影響があるの?

カフェインを過剰に摂取してしまうとどんな影響があるのか?というのを知らなくてはコーヒーなどのカフェインが入っているものの我慢できませんよね。

では、体にはどのような影響を与えるのか?

カフェインが多い飲み物はなんなのか?というのを紹介していきます。

◆体に与える影響・作用
カフェインは利尿作用や興奮作用、睡眠の質の低下などがあります。

よく、夜中に勉強するのにカフェインを摂取して寝ないようにしよう!興奮して寝ないようにしよう!という人もいますよね。

それは妊活中や妊娠中には悪影響になってしまいます。

睡眠不足は体の不調に繋がってしまいますし、利尿作用は体を冷やしてしまうことにもなります。

なので、カフェインは摂取しすぎないほうがいいのです。

◆カフェインが多い飲料

 コーヒー紅茶緑茶
摂取目安量300mg~500mg1L~1.5L1L~2L
含有量(100ml)60mg30mg5~23mg

このようにコーヒーが一番カフェインの含有量が多くなっています。

なので、飲んだとしても2杯~3杯でやめておいたほうがいいのです。

緑茶や紅茶もカフェインが入っています。

含有量を見ると少ないような感じがするかもしれませんが2Lのペットボトルを1本飲んでしまうとカフェインの摂取のし過ぎになってしまいます。

なので、注意しましょう。

妊娠中でも安心のお茶・カフェインの含有量

妊娠中でも安心なお茶があります。

また、カフェインの含有量をチェックすることで摂取しすぎなければ飲むことができます。

栄養面や安全面から見て健康を維持するにはどのようなお茶を選ぶべきなのか?について紹介していきます。

栄養面と安全面から健康を維持するにはお茶を選べばいいの?

妊娠中でも我慢というのは体に悪いです。

なので、カフェインの含まれていないお茶を飲めば我慢せずに済みます。

では、どのようなお茶を選ぶべきなのか?について紹介していきます。

◆緑茶・煎茶・玉露・紅茶・コーヒーのカフェイン含有量に注意
まず、カフェインが含まれているお茶の含有量というのを覚えておきましょう。

それを基準として、カフェインが含まれていないお茶を紹介していきます。

 コーヒー紅茶緑茶玉露
摂取目安量300mg~500mg1L~1.5L1L~2L
100~150mg
含有量(100ml)60mg30mg5~23mg
160mg

これがカフェインを多く含んでいるお茶の含有量と摂取目安量です。

覚えておくようにしましょう。

また、妊娠中に飲んでも大丈夫なお茶はこのくらいあります。

・ルイボスティー
・たんぽぽ茶
・麦茶
・そば茶
・杜仲茶
・黒豆茶
・ごぼう茶

しかし、好きなだけ飲んでも大丈夫!というわけではありません。

摂取しすぎてしまうと、副作用が出てしまうことがあるのです。

なんでも飲みすぎというのはダメなのです。

目安の摂取量について紹介していきますので参考にしてみてください。

 摂取目安量
ルイボスティー
2~3杯くらい
たんぽぽ茶1時間200ml
麦茶
1日30gのはと麦茶
そば茶湯呑3杯ほど
杜仲茶1L
黒豆茶2杯~3杯
ごぼう茶2杯~3杯

この7つであれば妊活中も妊娠中でも飲むことができます。

基本的にどのくらい飲んでも大丈夫と言われているのですが、加減というものがあります。

なので、この7つのお茶も目安摂取量を覚えておいて飲むようにしましょう。

妊婦さんが知っておきたいお茶の注意点

妊婦さんがお茶を飲むときに注意してほしいことがあります。

妊活中の女性にもぜひ、覚えておいていただきたいことです。

では、注意点について紹介していきます。

妊娠初期はカフェインに特に注意が必要

妊娠初期は胎児にとってとても重要な部分が出来る時期です。

また、胎児はカフェインを消化することが出来ません。

そんなときにカフェインを摂取してしまうと発育に影響を与えてしまうことがあるのです。

コーヒーやお茶などもカフェインが入っていないものを選ぶようにしましょう。

カフェインを含む飲料を摂り過ぎない

カフェインが入っているものはコーヒーやお茶などが代表的なものです。

また、その他にも食べ物にカフェインが入っているものもあります。

コーラなどの清涼飲料水やエナジードリンクなどです。

なので、しっかりと確認しなくてはなりません。

ブレンドされた飲料は成分を確認

ハーブティーなどはとくにブレンドされているものもたくさんあります。

なので、ブレンドされているような場合はカフェインが入っている成分が含まれていないか?の確認が必要です。

それを知らずに飲んでしまうと、せっかくカフェインを摂取しないようにしていてもカフェインを知らず知らずのうちに摂取していることになります。

妊娠中には水分補給が大事なのはどうして?

カフェインが入っているからお茶を我慢してなにも飲まないというのは間違っています。

妊娠中の水分補給というのはとても重要なためです。

では、なぜ水分補給が必要なのか?について紹介していきます。

水分不足は脱水や便秘の原因となる

妊娠中というのは水分不足によって便秘の原因になってしまうことがあります。

これは妊娠中でなくても言えることです。

人のカラダは水分でできているため、その水分がなくなってしまうとまず影響がでるのが便秘です。

さらに、便秘が続くことで腸内環境が悪化していきます。

便は体によって不要なものなので体に出さずに溜まっていくと全身に影響が出てしまうこともあるのです。

また、妊婦さんは便秘になりやすいということもあります。

水分を赤ちゃんにも送らなくてはなりませんし、他にも多くの水分を必要とします。

なので、便秘になりやすいのです。

そんなときに便利なのがカフェインレスのお茶です。

カフェインレスのお茶であれば安心して飲むことができますし、水分も補給することができます。

妊活中・妊娠中に葉酸が必要なのはどうして?

妊活中や妊娠中は水分補給も大切なのは紹介しましたがそれ以外にも葉酸という栄養素を摂取しておくことが大切です。

葉酸というのはどのようなものでどうして摂取したほうがいいのか?について紹介していきます。

葉酸が妊婦にも胎児にも良い理由

葉酸というのは子宮を整えてくれます。

フカフカの寝床を作ってくれると言われています。

また、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の予防にも効果があるとされています。

フカフカの子宮は赤ちゃんにとっても嬉しいですし、神経管閉鎖障害の予防にも効果があるのなら、摂取しておいても損はないですよね。

さらに、妊娠中は鉄分が不足し貧血になってしまうことがありますがそれも葉酸で予防することができるので妊婦さんにも嬉しい栄養素なのです。

葉酸を飲み物から摂るには?

葉酸を飲み物からとりたい!という人もいますよね。

そんな時は葉酸ドリンクがオススメです。

葉酸ドリンクというのはもちろん、カフェインは配合されていません。

また、その他の栄養素が含まれているので葉酸ドリンクを飲むことによって葉酸だけでなく、体に必要な栄養素を取り込むことができます。

先ほど紹介したルイボスティーにも葉酸が少し含まれています。

ルイボスティーはさっぱりと飲むことができ、味の濃い料理を食べる時にルイボスティーを飲めば口直しもできます。

量次第ではカロリーや糖分の過剰摂取の懸念も

葉酸というのは飲み物によってカロリーが高くなってしまったり、糖分の取りすぎになってしまうことがあります。

葉酸を含む飲料を飲むなら種類や量にも注意を

葉酸だけを含んでおり、カフェインレスのお茶やコーヒーなどであれば問題ないのですが、葉酸ドリンクなど他の栄養素が入っており、少し甘くなっているものなどは摂取量を気を付けましょう。

また、葉酸ドリンク以外にも葉酸を含んでいるものもあるので種類を選ぶことも大切です。

カロリー表示の確認をして選んでみてください。

吸収率が高い葉酸サプリで補うのをおすすめ

葉酸が入っているドリンクを飲むというのではなく、葉酸サプリを摂取するというのもいいでしょう。

サプリは胃に入ってじわじわと溶けだし、血液内に入り込みます。

ドリンクよりもサプリのほうが吸収率が高いのです。

なので、サプリのほうがいいでしょう。

サプリはカロリーも気にしなくてもいいですし、栄養素を見てみると葉酸以外にも女性に嬉しい成分が配合されているサプリもあるので試してみましょう。

コーヒー好きな人が妊活~妊娠中に飲めるもの

お茶ではなく、コーヒーが好き!という人もいますよね。

しかし、上記で説明したようにコーヒーには多くのカフェインが含まれているので飲めないと思いますよね。

いえいえ!それは違います。

カフェインレスのコーヒーもあるのです。

では、コーヒー好きな人のための飲み物について紹介していきます。

妊活におすすめの葉酸ドリンク・ルイボスティー・たんぽぽコーヒー・ハーブティー

妊活中にオススメな飲み物がお茶以外にもあります。

・葉酸ドリンク
・ルイボスティー
・たんぽぽコーヒー
・ハーブティー

葉酸ドリンクは上記で少し紹介しました。

葉酸ドリンクは葉酸を摂取しながら他の栄養素を摂取することができますし、カフェインも「ふくまれていないのでこれ一つで栄養を補うことができます。

ルイボスティーは葉酸も含まれており、その他にも冷えを解消してくれます。

女性にとって、妊活中の人にとっても嬉しい効果ですね。

たんぽぽ茶以外にもたんぽぽコーヒーというのもあります。

コーヒーという名前がついていますがカフェインレスです。

冷えの解消、胃腸の機能を活発、便秘解消など様々な効果があります。

こんなに効果があるのであれば、ぜひとも飲みたいですよね。

ハーブティーについても先ほど紹介しましたがハーブの種類によって効果も違いますし、カフェインレスのものとカフェインが含まれているものがあります。

なので、選び方に注意しながら、飲むようにしましょう。

コーヒー好きな人は代用品で飲めないストレスを発散

コーヒー好きな人はたくさんいますよね。

コーヒーはカフェインが含まれているので飲まないほうがいいのですが、我慢するとストレスが溜まってしまいます。

ストレスがたまるとどうしてもイライラしてしまったり、胎児にも悪影響を与えてしまいます。

なので、コーヒーの代わりに上記で紹介したたんぽぽコーヒーなどを飲んで少しでもコーヒーの雰囲気を味わうようにしましょう。
>>妊活中のコーヒーはカラダに悪い?カフェインを摂りすぎるとどんな影響がある?

妊娠中だけじゃない!産後のママも飲めるお茶

妊娠中にカフェインに気を配るということも大切ですが、それは産後も同様です。

産後は赤ちゃんに母乳を与えますし、母乳というのは水分と血液でできているのでお母さんが飲む飲み物もとても重要です。

そんな時は産後のママでも飲めるお茶というものがあります。

赤ちゃんへの授乳が与える影響を考慮したお茶選び

やはり、妊娠中もそうですが、カフェインが含まれているお茶は母乳にも影響してきます。

なので、カフェインが含まれていないものを選ぶようにしましょう。

妊娠中に飲んでいたお茶などは産後でも安心して飲むことができます。

産後のお茶選びというのも赤ちゃんのためにはとても大切なのです。

妊活は継続が必要!お茶や葉酸サプリの選び方

妊活というのは続けるのが大切です。

しかし、長く続けてしまうと挫折しそうになってしまうこともありますよね。

そんなときはお茶や葉酸サプリなどを摂取して少しでも妊娠率をアップさせることが大切です。

サプリやお茶を選ぶときのコツについて紹介していきます。

商品の成分・栄養素・安全性・作用が分かりやすい

サプリやお茶を選ぶときは商品の成分、栄養素、安全性、作用がきちんと表示されているものを選ぶようにしましょう。

表示されていないとどのようなものが入っているのか?安全なのか?というのを確認する必要があります。

確認もせず、購入して飲んで後からなにか問題発生という時もあるので注意するようにしましょう。

通販なら継続しやすい定期購入で送料無料のコースを活用

サプリを購入するのであれば、店頭で購入するよりも通販で購入したほうがいいでしょう。

通販なら定期購入というのがあり、サプリを継続しやすいですし、送料無料や何%引きという場合があります。

そのほうが安く購入することができ、続けることができるのでオススメです。

ぜひ、サプリやお茶の選び方を参考にしてみてください。

まとめ:妊婦さんでも飲めるお茶を使おう

妊活中のお茶について紹介していきました。

お茶というのは種類によってはカフェインが含まれているものがあります。

カフェインは母体にも胎児にも影響を与えてしまうのでなるべく摂取しないほうがいいのですが、コーヒーや紅茶2杯ほどなら問題ないとされています。

ですが、気になる人はカフェインレスのものを選ぶようにしましょう。

または妊活サプリなどで栄養素を補給してもいいでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

合わせて読まれている記事はこちら
妊活にルイボスティーが良いのはなぜ?おすすめのお茶探し

こちらの記事の執筆者

監修者:阿部純治柔道整復師免許執筆者:阿部純治

プロフィール:
柔道整復師
株式会社May-Plus 代表取締役

塚原整形外科、大手整骨院グループの株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。
翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。

こちらの記事は専門家による監修を行なっています

河井恵美監修者:河井恵美

プロフィール:
助産師・看護師・保育士
看護師・助産師の免許取得後、大学病院、市民病院、個人病院等に勤務。看護師教育や思春期教育にも関わっていました。

助産師の仕事が大好きで、25年以上この仕事をしています。

青年海外協力隊でコートジボアールとブルキナファソに赴任した後、国際保健を学ぶために大学院に進学・修了。2008年から夫の仕事の関係で、シンガポールに移住。

2人の子どもを育てつつ、現地の産婦人科に勤務し、日本人の妊産婦さん方に関わっています。インターネットでエミリオット助産院を開設しています。

エミリオット助産院についてはこちら
https://emiriot.jimdo.com/

こちらも読まれています

h2の花左 葉酸の摂取で副作用が心配!妊活に欠かせない葉酸サプリの注意点


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
妊活時に葉酸は胎児の成長を促すために重要な役割を果たします。不足している状態になっている妊婦の場合には胎児の障害や流産のリスクが高くなるということが発見されたためで、それらを予防するためには必要量の葉酸を摂取しておくことが重要です

詳しくみる

h2の花左 旦那さんの妊活への温度差に不満!夫婦で妊娠を目指すための方法

妊活夫婦のすれ違い


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
妊娠を自然に任せるというのは、現代の考え方からすると古いもの。こういった考え方の旦那さんにイライラするのは、奥様の立場になってみると実に理解できるものです。上手くいかないケースがあるからこそ、妊活の重要性が高まっているのです。

詳しくみる

h2の花左 冬虫夏草が妊活にいい?最近サプリにもなっているキノコ

冬虫夏草


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
冬虫夏草の名前には虫や草という文字が入っていますが、実際には虫でも草でもなく、昆虫に寄生するキノコの一種です。薬膳効果の高さでも注目されており、数多くの栄養を含んでいるために、妊活に最適な素材として日本でも活用される事が増えています。

詳しくみる

h2の花左 レスベラトロールの優れた抗酸化作用について

びっくりしている女性


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
レスベラトロールは女性向け妊活サプリや精力剤などに使用されており、優れた抗酸化力があるとして注目されています。赤ワインは健康によいと言われているのはポリフェノールが含まれているためです。抗酸化作用は老化を防ぎます。

詳しくみる

h2の花左 葉酸を妊活サプリで摂るならこの5品がおすすめ!妊娠中や出産後も摂取すると良い理由

葉酸を多く含む食品


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
葉酸は厚生労働省も摂取を推奨している成分で、妊活サプリとしても多くのママさんがご使用されています。葉酸がなぜ妊娠に必要な成分なのかを記載し、効率よく摂れる栄養補助食品も紹介しています。おすすめランキングもぜひ参考にしてください。

詳しくみる