おすすめの妊活サプリランキング!口コミや成分をチェック!
妊活サプリランキングヘッダー
妊活サプリランキングスマホ用ヘッダー

妊活前に受けておきたいワクチン | 予防接種をしておくことでリスクが減らせる

妊活前にワクチンが必要な理由

妊活にワクチンは必要

妊娠をした後のこと考えると、妊娠前にしておきたいことが非常にたくさんあることに気付くと思います。
そのひとつが自分が今までにどのような感染症にかかったことがあるかや、どのワクチンを接種済みなのかを調べるブライダルチェックと呼ばれるものです。

これには多くの項目が含まれており、妊娠や出産に影響を及ぼすことを調べる検査で、子宮の状態を調べたり、貧血の有無を調べる血液検査も含まれます。
その中には、今までに獲得している抗体を調べる検査もあります。

風疹などの病気は感染したりワクチンをうつことで抗体を獲得できていれば、抗体を獲得することができます。
抗体を持っていると、もしも病気にかかっている人と接触する機会があっても、感染する危険はありません。

しかし、抗体を持っていない状態で感染している人の病気がうつると、赤ちゃんへのリスクがあります。

妊娠中は母体の状態が胎児に直接影響するため、母体が感染症になることで赤ちゃんに障害が出る可能性が出てきます。
また最悪のケースでは赤ちゃんが亡くなってしまうという可能性があります。

妊娠をした後は、基本的にはワクチンをうつことができませんし、もし病気になってしまうと十分な治療が行えないこともあります。

妊娠中の感染を予防するためには、妊活を始める前にワクチンを接種し、必要な抗体を獲得しておくことが大切です。
後悔の残る結果にならないためにも、事前に十分な準備をしておきましょう。

赤ちゃんへのリスクを最小限に抑えるために

赤ちゃんへのリスクを減らす

◆風疹は赤ちゃんへのリスクが大きい

風疹 抗体
風疹は三日はしかとも呼ばれており、一度感染をすると生涯にわたって抗体を獲得できる病気です。
そのため、小さな頃に感染をした人はすでに抗体を獲得しています。またワクチンをうつことで、体を軽く風疹に感染させた状態にすることでも抗体の獲得ができます。

まれに、抗体価が低くなっていることがあります。

しかし、これらの経験がない人は、まだ風疹の抗体を獲得していない状態のため、妊娠中に感染をしている人と接することがある場合に、感染してしまう恐れがあります。

もしも妊娠中に感染をした場合には、赤ちゃんへの影響が出てしまう可能性があり、目や耳、心臓に障害が出ることがあり、特に妊娠20週までの時期に感染すると障害が出る可能性が高くなります。

妊娠中に感染してしまうとかなり危険が高くなるので、妊活前に抗体があるかどうか調べておきましょう。

◆昭和54年~昭和62年生まれの人は要注意

抗体検査が必要な人
特に要注意なのが昭和54年4月2日から昭和62年10月1日生まれの人です。

昭和52年以降妊娠中の感染を予防するために、ワクチンの集団接種が始まりました。
しかし、その時に対象になったのは女子中学生だけなので、男子は含まれませんでした。

その後、男女共にワクチンを受けるようになりましたが、集団接種ではなく個別接種になりました。
集団の場合には学校などで受けることができるため、ほとんどの人がうっていたと思われますが、個別になってから接種率が低下しました。

個別の場合には自分で受診しなくてはいけないために、時間がなかったり、ワクチンへの知識がない場合にはうたないという人もいたのでしょう。
特に昭和54年4月2日から昭和62年10月1日生まれの人は特に接種率が低かったため、その後に無料でワクチン接種ができる期間が設けられたほどです。

しかし、その時にもワクチンをうっていない人が大勢おり、抗体を持っていない人も多いと思われます。
妊娠を考えている場合には、妊活前に風疹に感染しているか、ワクチン接種は済んでいるか、抗体を持っているかを調べておきましょう。

妊活前に受けておきたいワクチンとは?

ワクチン接種

妊活は妊娠することを前提としているため、妊娠中に感染すると危険が大きい病気に関しては事前に準備をしておくことが望ましいでしょう。
妊娠中は妊娠をしていない状態の時とは大きく異なり、母体の血液は胎児に大きな影響を与えます。

それは、母体の血液から胎児に栄養を送っていることと関係しており、栄養成分を胎児に送り届ける際に、病原体なども一緒に送ってしまう可能性があるからです。
ワクチンは、体に病原体をわざと入れることで、体を軽く感染させて抗体を獲得する方法となります。

この方法は健康な状態の時にのみ行えるもので、病気をしている時などは行うことができません。
体が弱って免疫力が落ちている時にワクチン接種を行うと、ワクチンに含まれる病原体が増え過ぎてしまい発病してしまう恐れがあるからです。

妊娠中に関しては、ワクチンで体の中に入れた病原体が胎児へ影響を及ぼす恐れがあるということで、ワクチン接種ができないものが多いです。
そのため、妊娠を予定している時には、妊娠前には受ける必要のあるワクチンを接種しておく必要があります。

ワクチンには色々な種類がありますが、妊活前に受けておきたいワクチンにはおたふく風邪があげられます。

◆おたふく風邪は母体に対する負担が強い

胎児への影響
おたふく風邪は子供の時に感染すると軽症で済みやすいとされていますが、大人が感染した時には子供の時に比べて重症化しやすいという特徴があります。
そのため、妊娠中に感染をしてしまうと重症化してしまい、母体の状態が危険にさらされてしまう可能性が出てきてしまいます。

おたふく風邪にかかった時に起こしやすい合併症としては髄膜炎がありますし、女性の場合には卵巣炎を起こす可能性もあります。
妊娠中は胎児への影響を考えて、できる治療が限られてくるので、重症化した場合に治療が難しくなってしまうこともあるでしょう。

また妊娠中におたふく風邪にかかった場合には胎児に奇形が起こるなどの報告はありませんが、妊娠初期に感染した場合には流産してしまうということなので、十分に注意をしておいたほうが良いものと考えられます。

◆水ぼうそうは大人や赤ちゃんにも影響がある

手洗い 感染予防
水ぼうそうは感染力の強い病気なので、多くの人が感染をした経験がある病気です。
水ぼうそうも大人がかかると重症化しやすいと言われており、妊娠中に関しては胎児への影響もあると言われています。

妊娠初期に水ぼうそうに感染した時には重い障害が出てしまう危険がありますし、妊娠5カ月目以降に感染した場合には、先天性水痘症候群のリスクがあります。
さらに出産前後に水ぼうそうに感染してしまうと新生児水痘を発症してしまうこともあります。
生まれたばかりの赤ちゃんが水ぼうそうに感染してしまうと、まだ体が弱い状態のため死に至ってしまうこともあるため十分な注意が必要です。

水ぼうそうもおたふく風邪もワクチンのある病気なので、妊活前にワクチン接種を済ませておけば、妊娠中に感染する危険をなくせます。

◆はしかは命の危険もある感染症

ワクチン注射
他にもはしかの予防接種も受けておきたいもののひとつです。

はしかは症状が重いことが特徴で、子供の場合でも重症化する危険のある病気なので覚えておきましょう。
さらに大人がはしかにかかると、子供以上に症状が重く出る傾向があり命の危険も出てくるほどです。

はしかはかなりの高熱が何日も続く病気で、ワクチンが開発されるまでは日本でも体の弱い人は、はしかで命を落とす人も大勢いました。

ワクチンができてからは、自然に感染をする人の数が減りましたが、中にはワクチンの接種をしていない人もいて、数年ごとに発症者が出ています。

はしかは非常に感染力の強い病気で空気感染をする病気なので、近くにはしかの人がいるだけで感染してしまう恐れがあります。
ウィルスが空気中を浮遊していますので、咳やくしゃみをしていなくてもウィルス吸い込みやすいのです。

妊娠中にはしかにかかった時の30%の人は早産や流産をしてしまうというのでかなり危険が高くなってしまいます。

◆胎児への悪影響が強い風疹

風疹
そして、妊娠中に感染すると胎児への影響が大きい病気の代表となるのが風疹です。
先天性風疹症候群という病気があるほど、胎児への影響が大きい感染症になります。

妊娠中に風疹に感染をした場合には、赤ちゃんの耳や目、心臓への影響があると言われています。
特に、耳や目、心臓が作られる時期にあたる20週頃までが要注意です。
風疹は男性もかかる病気ですが、男性は妊娠をしないからという理由でワクチンの接種をしていない人が多くいます。

風疹は、はしかほど感染力は高くありませんが、妊婦さんにうつすと重大な結果をもたらすことがあるので、男性も予防接種を受けておきましょう。

子供の頃に風疹に感染をした経験がある人は、風疹の抗体を持っているので、妊娠中に感染する危険はありませんということも言われていますが、記憶違いや症状だけからの診断だった場合、血液検査で確認されていない場合は、抗体を必ず持っているとは限りません。

血液検査で抗体を調べてもらうか、予防接種を受けましょう。すでに抗体を持ってる人が予防接種を受けたとしても、身体に悪影響はないとされています。かえって免疫が強化されて良いと考えられています。(国立感染症研究所:参考)

しかし、感染経験のない人は抗体を持っていないこともあるため、妊娠中に感染してしまう可能性が残っています。

妊娠中の感染を確実に防ぐためにはワクチンを接種する必要があり、事前にワクチンをうつことで抗体を獲得することができます。

妊活前に必要のあるワクチン接種を済ませておきましょう。

ワクチンを摂取する前提で妊活準備を進めよう

ワクチン接種 妊活準備

それぞれの病気への抗体を得るためにはワクチンをうつことが大切ですが、ワクチンは実際に病気の元になっている病原体の毒性をなくしたものです。
そのためワクチンが体に入っている時に妊娠をしてしまうと胎児への影響が出てしまう恐れがあります。

そういったことを予防するためには予防接種前の1ヶ月と予防接種後の2か月の合計3か月の避妊期間を設ける必要が出てきます。

この3か月の間は妊娠をしないように厳重な注意が必要な期間です。
また、複数のワクチンをうつ必要がある場合には、別々に接種する時には間隔を空けなくてはいけません。

それぞれのワクチンの種類によって、必要な間隔は変わってくるので、予防接種をうつ前に計画を立てておくと予定がわかります。
まず最初にうつ必要のあるワクチンをはっきりとさせてから、どのような順番でうつのかを考えていきましょう。

わからないことがある時には、直接医師に相談をすると、ワクチンについての相談にのってもらえます。

もしも感染をした経験があるかどうかや、ワクチンをうっているかどうかがわからない時には抗体検査をすると抗体がついているかどうかがわかります。
抗体検査はワクチン接種前にしておけば、必要のある予防接種が何かがわかります。

またワクチンには1種類の病気に対してのものだけでなくはしかと風疹の予防接種が一緒になっているMRワクチンというものがあります。
MRワクチンを接種すればはしかと風疹の予防接種が同時に受けられます。

男性にも予防接種は必要

夫婦で妊活

予防接種は妊婦になる前の女性が受けておくことが最も重要ですが、男性も関係があります。

実際に男性が何かの病気に感染したことをきっかけに妊婦にまで感染が広がり、そこから赤ちゃんの障害リスクとなった事例もあります。
男性も妊婦と同じ社会で生活をしている以上、感染を広げないように自分自身もワクチンをうっておくことが大切です。

男性は仕事をしている人が多いと思いますが、人の集まる職場で感染することもあります。
職場にたくさんの人が集まるため、どのような病気を持っているかを把握することができません。

そのような環境に身を置いているうちに知らないうちに感染をしていたということが起こる可能性があります。
職場で何かの病気に感染した状態のまま自宅へ戻ってくると、そこで女性へ感染させてしまうことも考えられます。

子供がかかれば軽く済む病気でも大人は重症化することもあるので注意が必要です。
男性自身も何の病気に感染したことがあるか、ワクチンは済んでいるかなどを調べておくと、女性へ感染を広げてしまうことを予防できるでしょう。

はしかなどは数年ごとに流行を繰り返す傾向があるので、流行時に注意をしておくと共に、事前に予防接種を済ませておくことをおすすめします。
抗体をつけておけば、もしも流行することがあっても感染予防ができます。

流行し始めてから予防接種を受けても間に合わないことがあるので、早めに済ませておくと安心できると思います。

こちらの記事の執筆者

監修者:阿部純治柔道整復師免許執筆者:阿部純治

プロフィール:
柔道整復師
株式会社May-Plus 代表取締役

塚原整形外科、大手整骨院グループの株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。
翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。

こちらの記事は専門家による監修を行なっています

河井恵美監修者:河井恵美

プロフィール:
助産師・看護師・保育士
看護師・助産師の免許取得後、大学病院、市民病院、個人病院等に勤務。看護師教育や思春期教育にも関わっていました。

助産師の仕事が大好きで、25年以上この仕事をしています。

青年海外協力隊でコートジボアールとブルキナファソに赴任した後、国際保健を学ぶために大学院に進学・修了。2008年から夫の仕事の関係で、シンガポールに移住。

2人の子どもを育てつつ、現地の産婦人科に勤務し、日本人の妊産婦さん方に関わっています。インターネットでエミリオット助産院を開設しています。

エミリオット助産院についてはこちら
https://emiriot.jimdo.com/

こちらも読まれています

h2の花左 オメガ3オイルが身体にいいのはなぜ?妊活・健康・病気予防に効果的

オメガ3オイル


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
オメガ3とは脂肪酸の種類を示す言葉であり、油というのは3種類の脂肪酸とグリセリンによって構成されています。その脂肪酸のバランスにより、油の性質が決まるということです。このオメガ3オイルの効果や成分について説明していきます。

詳しくみる

h2の花左 産休はいつからいつまで?妊活・妊娠・出産のプランを早めにたてよう

赤ちゃんと母


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
産休は、出産を控えた働く女性にとってとても大切な制度です。労働基準法で規定されており、会社は従業員に取得させる義務があります。対象となる雇用形態に決まりはありません。妊活・妊娠・出産そのときに必要な知識を今のうちに身につけておきましょう。

詳しくみる

h2の花左 無料サンプルありの妊活サプリはある?失敗しない方法とは?

妊活サプリを見つめる


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
妊活サプリは種類や成分は豊富でなかなかひとつに選べないという方も多いもの。エレビットは無料サンプルを試せる人気商品です。他にも返金保証がついているサプリは試しに飲んでみることも可能ですが、継続して飲むことが妊娠成功の鍵です。

詳しくみる

h2の花左 黄杞葉(こうきよう)とは?ミトコリンの成分

黄杞葉


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
黄杞葉とは中国の南部に自生するクルミ科の常緑高木です。葉の部分は中国でも古くから甘茶として親しまれていて、解毒作用や解熱作用があるとして知られているお茶ですが、その中にはアスチルビンやフラボノイドという成分が豊富に含まれています。

詳しくみる

h2の花左 プレメントで妊娠率上昇?男女専用の妊活サプリ・シリンジ法キット

夫婦で歩む


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
プレメントは栄養価の高い妊活サプリであり、口コミでの評判も良いです。葉酸や鉄分、カルシウム、亜鉛など妊活中に必要な栄養素をしっかり摂取できます。女性と男性、それぞれの体に合わせた成分が配合されており、妊娠をサポートします。

詳しくみる