おすすめの妊活サプリランキング!口コミや成分をチェック!
妊活サプリランキングヘッダー
妊活サプリランキングスマホ用ヘッダー

【妊活サプリセレクト】本気で妊娠に向けて取り組みたい方へ

サプリを検索できる

妊活サプリでママになろう!早く妊娠したいなら

妊活が成功してママに

「赤ちゃんがほしい」と真剣に考えている人は、予想以上に多いのです。

最近では晩婚化が進んでいることもあり、高齢出産の割合が上がり、妊娠そのものが難しくなっている状況です。

「妊活」という言葉が最近になって浸透し始めたのは、そうした社会背景があってのことなのですが、そのためにはさまざまなことが必要です。

妊娠しやすい健康な体を作るとされているサプリメントの活用も、そうした活動のうちのひとつです。

妊活サプリにはどのような商品があり、どのような商品がおすすめなのか、説明していきましょう。
結婚しても、すぐに子供ができるかどうかは誰にも分かりません。

なかなか子供ができない人の中には「早くママになりたい」と思っている人も多いでしょう。

そのためには、妊娠のメカニズムと、妊娠をめぐる現状について知っておいた方がいいでしょう。

まず妊娠のメカニズムを知ろう

良い卵子の状態

まず、妊娠のメカニズムについてです。

卵子と精子が結合して授精卵ができれば妊娠すると思っている人もいるでしょうが、それだけではダメです。

授精卵が着床しなければ、妊娠には至らないのです。
授精卵が着床できるかどうかには、2種類の女性ホルモンが関係しています。

妊活に励んでいる人は基礎体温を測っているでしょうが、実は低温期と高温期は、卵子を育てる卵胞ホルモンと、妊娠を維持しやすい体を作る黄体ホルモンという、2つの女性ホルモンによって起きるのです。

卵巣から分泌される卵胞ホルモンによって育った卵子が排卵されると、その後に黄体に変化しますが、ここから黄体ホルモンが分泌されているのです。

黄体ホルモンは授精卵が着床しやすくするため、体温を上げる働きがあり、これによって高温期が起きるというわけです。

黄体ホルモンの働きが強い時期が高温期、卵胞ホルモンの働きが強い時期が低温期なのです。

黄体ホルモンの働きが強いと高温期になるというわけです。

卵胞ホルモンの働きが弱いと卵子が育たず、無排卵月経の原因となります。

黄体ホルモンの働きが弱いと、子宮内膜が薄いままで授精卵が着床しにくくなります。

どちらのホルモンが欠けても妊娠しにくくなるというのが、妊娠のメカニズムなのです。

出産の現状はどうなっているの?

夫婦でマカを摂取

ただ、出産の現状は晩婚化や出生率の低下、高齢出産の増加など、必ずしも芳しいものではありません。

1975年に男性27.0歳、女性24.7歳だった初婚年齢は、2015年には男性31.1歳、女性29.4歳にまで上がっています。

母親の第1子出産時の平均年齢は1975年が25.7歳でしたが、2015年は30.7歳で、高齢出産が増えていることがうかがえます。

合計特殊出生率は1975年が1.91でしたが、2005年に1.26まで低下し、2015年は1.45まで上昇してきています。

高齢出産は卵子や精子の質が低下し、妊娠しにくくなるという問題点があります。

実際、体外授精によって生まれた2004年が18,168人だったのに対し、2014年は51,001人とほぼ2.5倍になっているなど、不妊治療を受けている人が増えています。
>>40代からの妊娠に備えよう。高齢出産の予備知識・準備

また、卵子や精子の質の低下は、ダウン症をはじめとする先天性異常のリスクが高くなるという問題もあるのです。

このように、数字からも妊娠をめぐる厳しい現状が浮かび上がってくるのです。

妊活という言葉が広く知られるようになったのは、こうした社会情勢も関係しているというわけです。

妊娠と安全な出産のために必要な栄養素

亜鉛の摂れる食材

では、妊娠しやすい体作りと、妊娠したときに安全に出産するために、必要となってくる栄養素・成分は何でしょうか。

主なものとしては
タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンC、葉酸です。

真っ先にあげられるのが、細胞分裂を促す働きのある葉酸です。

葉酸が摂れる食材

妊娠初期に葉酸が不足していると赤ちゃんの細胞分裂がうまくいかず、神経管閉鎖障害など先天性異常のリスクが高くなるとされています。

妊娠中後期の葉酸不足は、赤血球の減少による貧血を招く可能性があります。

神経管が形成される時期には妊娠がわかっていないことも多いので、普段から摂取すべき栄養素だと言えます。

男性が元気になるサプリ

葉酸は男性にとっても欠かせません。

最近では妊活で夫婦一緒に葉酸サプリを摂取しようとアピールしているメーカーがありますが、葉酸によって男性の精子増加が期待できるという側面もあるからです。

妊娠してからは、赤ちゃんの骨や肉となるタンパク質、カルシウム、マグネシウムなどは欠かせません。

ビタミンB類が摂れる食材

摂取したタンパク質は、体内で一度アミノ酸に分解されてから、再びタンパク質になるのですが、このときに欠かせないのが亜鉛です。

ビタミンCのサプリ

この亜鉛の吸収率を上げるビタミンCも、必要な栄養素と言えます。

妊娠中後期以降の貧血対策としては、葉酸に加えてヘモグロビンの原料である鉄、ヘモグロビン生成に欠かせない亜鉛と銅、ビタミンB6、赤血球の生成に欠かせないビタミンB12も重要です。

妊娠前にはざくろイソフラボンなど、卵胞ホルモンを補完してくれる成分も効果が期待できます。

多嚢胞性卵巣症候群

不妊の原因となるPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)に効果があるとされるピニトールは、最近注目の成分です。

また、血行促進によって男性の精力をアップさせたり、女性の子宮内膜を分厚くしたりすることが期待できるマカも、妊活サプリに配合されている成分のひとつです。

そして、妊娠前の体温上昇や、妊娠中の体力維持には、エネルギーが必要です。

最近の妊活サプリには、細胞内でエネルギー生成を行っているミトコンドリアを活性化させるとされている成分が配合されている商品もあります。

妊活サプリメント!それって安全なの?

サプリ選びに迷う女性

妊活にさまざまな栄養素が欠かせないことは理解していただけたと思いますが、そうした栄養素はあくまでも食べ物から摂取するもので、サプリを利用することについて不安を持っている人も多いでしょう。

サプリに含まれている添加物が、赤ちゃんに悪影響を与えたらどうしようと思っている人もいるかもしれません。

妊活にサプリを利用しても、安全性に問題はないのでしょうか。

サプリメント利用者の現状と利点

サプリがおすすめ

まず、妊活にサプリを利用している人は意外と多いのです。

葉酸を例に取れば、妊娠中にサプリを摂取している人が48.9%、妊娠前から摂取している人が15.7%であることが、厚生労働省の調査で分かっています。

初産に限れば妊娠中が61.5%、妊娠前からが29.4%です。

妊活にサプリを利用することは、特別なことでも何でもないというわけです。

サプリで栄養素を摂取することには、メリットもあります。

葉酸の摂取

まず、サプリには必要な栄養素が必要なだけ含まれていますので、摂取量が不足したり、過剰になったりすることがないのです。

しかし、数種類のサプリを飲んでいる人は注意が必要です。重複している成分がないかどうか確認しましょう。

妊活に必要な栄養素を食べ物で摂取しようとすると、どうしても摂取カロリーは上がってしまいます。

妊娠のためにはカロリーは必要ですが、摂取過剰は考えものです。サプリならばほとんどカロリーはありませんので、摂取過剰を気にしなくてすむというわけです。

不整脈

そして、妊娠後に多くの人が経験するのがつわりです。吐き気がして食べられないものが増え、栄養バランスが不安になりがちです。サプリならば、匂いの少ない商品を選べばつわりの時でも摂取しやすいというメリットがあり、栄養バランス悪化防止に役立ちそうです。

安全にサプリメントを飲むために

あなたに合ったサプリ

ただ、サプリで栄養を摂取する際には、その安全性が気になるところです。

赤ちゃんに悪影響が出てはいけないからです。安全なサプリを摂取するポイントには、どのようなものがあるでしょうか。

まず、可能な限り無添加なサプリを選びましょう。

添加物が赤ちゃんに悪影響を与えることを心配しながら摂取すると、ストレスで妊娠しにくくなるためです。

通販限定商品のなかには無添加をうたっているものもあり、安全性を考えるならば心強いところです。

国内産の原料を使っていたり、放射能検査を行っていたりするかどうかも、安全性にとってはプラスになるでしょう。

GMP(適正製造基準)認定工場で製造されているかどうかも、サプリ選びのポイントになります。

GMP認定工場ならば、品質の高い商品が作られている可能性が高いからです。

そして、アレルギー表示を確認することも重要です。

いくら妊活に効果があるとされる成分であっても、アレルギー症状が出るならば意味がないからです。

あなたの体質に合うかどうかについては、注意が必要となるというわけです。

おすすめ妊活サプリはミトコンドリア活性成分配合

ミトコンドリア活性化成分が配合されているサプリは、比較的新しい商品です。

ミトコンドリアを活性化することでどのような効果が期待できるのか、活性化成分が配合されているサプリの中でおすすめはどの商品なのかについて、説明していきます。

ミトコンドリア活性化サプリとは

ミトコンドリアは細胞内の小器官で、体を動かすエネルギーはここで生成されているのです。

体内のエネルギーは糖分などを分解することで得られていますが、その分解の最終段階が行われているのがミトコンドリアなのです。

体内の活性酸素という物質によってこのミトコンドリアの働きが低下すると、エネルギーの生成量が低下し、体を動かすのが億劫になります。これが疲労のメカニズムであることが、最近の研究から分かっているのです。

ミトコンドリア活性化サプリとは、このミトコンドリアを活性化させることでエネルギーの生成量をアップさせることを目指しているものです。

ミトコンドリアの機能が低下すると、女性は体温が低下して妊娠しにくくなるといわれていますし、男性にとって疲労はED(勃起不全)につながりかねません。

ミトコンドリアの活性化によって、妊活に必要なエネルギーを増やしていこうというのが、ミトコンドリア活性化サプリなのです。

>>おすすめミトコンドリア活性サプリランキング

ネットで購入できるおすすめ商品

ネットで購入できるミトコンドリア活性化サプリのうち、おすすめなのはミトコリンベビウェルミトコアあたりです。

いずれも妊活向けをうたっているサプリですが、配合成分には違いがあります。

ミトコリンはミトコンドリア活性化成分として、ブラックジンジャーとマンゴージンジャーが配合されていますが、ベビウェルとミトコアはオリーブ葉抽出物が配合されています。ベビウェルにはオリゴ乳酸も配合されています。

ベビウェルはこれに加え、葉酸やマカなど妊活に必要な成分を積極的に配合しています。ミトコアに配合されているイソフラボンも、女性のホルモンバランスを整えるという点で妊活への効果が期待できます。

おすすめ妊活サプリといえば葉酸配合

葉酸はビタミンB群の一種で、厚労省もサプリでの摂取を推奨しているほど、妊活にとって欠かせない栄養素なのです。

ただ、その働きとなると「細胞分裂を促す」ぐらいしか知らない人も多いでしょう。なぜ葉酸によって、細胞分裂が促進されるのでしょうか。

葉酸とは

葉酸
細胞分裂が行われる際には、まず遺伝子の複製が行われ、完了してから細胞本体の分裂に移ります。

遺伝子の原料はDNA(デオキシリボ核酸)ですが、このDNAの生成に欠かせないのが葉酸なのです。

もし葉酸の摂取量が不足していると、DNAの生成量が減少します。

これは、遺伝子の複製がうまく行われなくなることを意味しています。

逆に葉酸をちゃんと摂取していると、DNAの生成量が増えて遺伝子の複製が盛んになり、細胞分裂が促されるというわけです。

なぜこの葉酸の摂取を厚労省が推奨しているのかというと、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを下げるためです。

妊娠初期には細胞分裂によって神経管をはじめさまざまな器官が作られていきますが、このときに葉酸不足によって細胞分裂がうまくいかないと、器官がうまく形成されず、神経管閉鎖障害の原因になってしまうとされているのです。

葉酸は細胞分裂に関係していますので、不足すると骨髄で赤血球の生成量が減り、貧血の原因となります。

男性の場合は睾丸での細胞分裂が阻害され、精子の数が減って妊活に悪影響を与えます。

ネットで購入できるおすすめ商品

葉酸サプリは多種多様ですが、おすすめできる商品としてはベルタ葉酸、BABY葉酸~ママのめぐみ~、ジュンビー葉酸サプリなどが挙げられます。

これらのサプリには葉酸だけではなく、妊活に必要とされる他の栄養素も配合されています。

貧血防止に必要な鉄や、赤ちゃんの骨となるカルシウムなどが、そうした栄養素に当たります。

また、葉酸には天然由来のポリグルタミン酸型と、化学合成由来のモノグルタミン酸型の2種類があります。

天然由来というと聞こえはいいですが、実はポリグルタミン酸型の葉酸は吸収率が50%程度しかないのです。

モノグルタミン酸型は85%前後で、厚労省もこちらの摂取を推奨しています。

葉酸サプリには「天然素材」と銘打って、ポリグルタミン酸型の葉酸を配合している商品がありますので、注意が必要です。

上述の3商品はいずれもモノグルタミン酸型の葉酸を配合していると明記しているので、安心です。

マカサプリも妊活におすすめ

マカは南米大陸原産のアブラナ科の植物で、カブや大根の仲間です。マカというと、どちらかといえば男性向けの成分のイメージがありますが、女性の妊活にも効果が期待できるのです。

マカには血行促進効果があるため、子宮内膜を分厚くして、授精卵の着床率をアップさせることが期待できるためです。

マカとは

makanaに配合されているマカについて
マカには亜鉛や鉄、カルシウム、マグネシウムなど、妊活に必要とされるミネラルが多く含まれています。

これだけでも妊活向きの成分だと言えるほどです。

マカの含有成分のうち、特筆すべきはアルギニンというアミノ酸です。

アルギニンは体内で一酸化窒素を生成し、血管を広げてくれる働きがあるのです。

これが、血行促進につながる可能性があるのです。

妊活の大敵ともいえるED(勃起不全)の多くは、血行不良によって引き起こされます。

勃起はペニスに大量の血液が流れ込むことで起きますが、血行不良によってこの血液が不足するため、勃起力がダウンしてしまうのです。

バイアグラをはじめとするED治療薬はすべて、この血行を良くするものです。アルギニンにも同様の効果が期待できるというわけです。

この血行促進は、女性にとっては「子宮内膜を厚くする」という形で反映されます。

子宮内膜が薄いと授精卵が着床しにくくなり、せっかく授精しても妊娠に結びつきにくくなります。

マカのアルギニンによって血行が促進されれば、子宮内膜が厚くなって、授精卵が着床しやすくなるというわけです。

ネットで購入できるおすすめ商品

マカが配合されている妊活サプリとしてはマカナ、めぐみのサプリ、マカ&クラチャイダム12000プラスなどがおすすめとして挙げられます。

このうち、マカナとめぐみのサプリは、モノグルタミン酸型の葉酸が400μg配合されているなど、妊活のために夫婦が共有することを念頭に置いている商品です。

一方、マカ&クラチャイダム12000プラスは、マカに加えてアルギニン含有量の多いクラチャイダムを配合するなど、どちらかといえば血行促進に重点を置いている男性向きの商品だと言えます。

おすすめ妊活サプリの注目成分ピニトール

ピニトールが取れるアイスプラント
ピニトールはビタミンB群の一種で、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンに似た働きを持っており、糖尿病の症状改善が見込めます。

これに加えて最近では、不妊症の原因のひとつであるPCOSの改善にも役立つとみられているのです。

ピニトールとは

ピニトールはブーゲンビリアなど、マメ科の植物に含まれている成分です。

PCOSの改善効果があるとして、米国などで研究が進められている注目の成分です。

PCOSとは卵巣の表面部分が分厚くなり、卵子が排出されにくくなる疾患です。

卵子が排出されなければ、授精卵を作りようがありませんから、不妊の原因となります。

現時点では原因ははっきりと分かっていません。

ピニトールを摂取することで、PCOSの症状が改善すれば、卵子が排出されやすくなって妊娠に近づいてくれるというわけです。

副作用などが確認されていないため、医学界ではピニトールは注目の栄養素のひとつとなっています。

ネットで購入できるおすすめ商品

ピニトールが配合されているサプリとしてはベジママ、ママナチュレ葉酸サプリ、ここるなどがおすすめとして挙げられます。

いずれの商品も、葉酸サプリとしてのイメージが強く、ピニトールは補助的な役割といった感じです。

ただ、PCOSによって妊娠しにくくなっている人は、一般的な葉酸サプリではなく、このような商品を試してみることで妊娠に近づける可能性があるのです。

自分にあったサプリメントの見つけ方

サプリの選び方とは?
これだけたくさんのサプリがあると、どの商品を選んだらよいか迷ってしまいますよね。

自分に合った商品を見つけるためには、食事を見直してみて、どんな栄養素が不足しているか、アレルギーはないか、コストパフォーマンスは身の丈に合ったものかどうかを確認する必要があります。

不足しがちな栄養素やアレルギーを確認する

まず、あなたの食生活でどのような栄養素が不足しがちかを確かめてみましょう。

もちろん、野菜が少ないようならば葉酸やピニトールが配合されている商品がおすすめになりますし、肉などが少なめならばマカなどでアルギニンを補うことが効果的です。

ただ、どのような栄養素が含まれていても、アレルギー症状が起きてしまっては意味がありません。

あなたにとってアレルギー症状の原因となる物質が分かっているのでしたら、その物質が原材料となっていないサプリを選ぶようにするのが賢明です。

コスパを重視するなら定期購入の有無もチェック!

定期購入がおすすめ
サプリそのものがいくら良くても、高価ならば家計に負担となってしまいます。

もしコスパを重視するのでしたら、定期購入コースが設定されているかどうかをチェックしてみましょう。

定期購入コースとは毎月、その商品を購入することで、1個当たりの価格を割り引いてくれるというサービスです。

単品購入では高すぎて入手が難しいサプリであっても、定期購入に申し込めば手が届く価格になってくれる可能性があります。

ただ、定期購入は一定期間の購入が義務付けられており、アレルギー症状が出てもキャンセルできないケースがありますので、注意が必要です。

妊活にサプリを利用するのは特別なことではありませんし、多くの人が利用しています。中には、不妊を改善してくれる可能性がある成分が含まれているサプリもあるのです。

妊活の早期成就を願っているならば、あなたに合ったサプリを探してみるのもいいかもしれませんね。

こちらの記事の執筆者

監修者:阿部純治柔道整復師免許執筆者:阿部純治

プロフィール:
柔道整復師
株式会社May-Plus 代表取締役

塚原整形外科、大手整骨院グループの株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。
翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。

こちらの記事は専門家による監修を行なっています

河井恵美監修者:河井恵美

プロフィール:
助産師・看護師・保育士
看護師・助産師の免許取得後、大学病院、市民病院、個人病院等に勤務。看護師教育や思春期教育にも関わっていました。

助産師の仕事が大好きで、25年以上この仕事をしています。

青年海外協力隊でコートジボアールとブルキナファソに赴任した後、国際保健を学ぶために大学院に進学・修了。2008年から夫の仕事の関係で、シンガポールに移住。

2人の子どもを育てつつ、現地の産婦人科に勤務し、日本人の妊産婦さん方に関わっています。インターネットでエミリオット助産院を開設しています。

エミリオット助産院についてはこちら
https://emiriot.jimdo.com/

こちらも読まれています

h2の花左 ピニトール・葉酸配合のグラシトールは妊活にも効果的?

ピニトール・葉酸配合のグラシトールは妊活にも効果的?


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
グラシトールはピニトール、そして葉酸を中心に配合しているサプリメントです。健康な生活を送りたい方に作られており、血糖値を抑えたり、糖質制限をしたい人、ダイエットしたい方、妊活にも効果的なので多くの人に役立つのがこの商品の特徴です。

詳しくみる

h2の花左 効率よく鉄分を吸収できる動物性ヘム鉄はどう摂取する?

悩ましい女性


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
食品に含まれる鉄には肉や魚などの動物性食品にたくさん含まれているヘム鉄と、野菜や穀物などに含まれている非ヘム鉄がありますが、吸収率が高いのは前者の動物性ヘム鉄なのです。こちらを効率よく摂取できる食材をご紹介いたします。

詳しくみる

h2の花左 妊娠中の染色体異常は様々な問題が起こる可能性がある?

先天性の障害のリスク


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
染色体異常とは構造や数に異常が出るものです。余分な染色体が1本だとトリソミーと呼ばれ、1本欠けている場合はモノソミーと呼ばれます。これらによって、様々な病気が引き起こされます。

詳しくみる

h2の花左 早産の原因やリスク回避のためにできることとは? | 妊活サプリランキング

吐気・体調不良


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
早産とは、出産予定日より早く生まれてきてしまうことをさします。具体的には妊娠してから22週から37週未満に出産することです。赤ちゃんにとっては、命のリスクを伴う危険性があるため早めの対策を行わなければなりません。

詳しくみる

h2の花左 ここる(妊活サプリ)の成分・特徴・口コミ情報

検索する女性


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
妊活サプリのここるはママ活をしている女性におすすめで、妊娠を希望する方に必要な栄養素が総合的に含まれています。こちらに配合されているピニトールはイナゴ豆由来の成分で、サラサラな血液にする効果が期待できます。

詳しくみる