おすすめの妊活サプリランキング!口コミや成分をチェック!
妊活サプリランキングヘッダー
妊活サプリランキングスマホ用ヘッダー

サプリの市場規模とはどのくらいある?今後も妊活の需要が増加傾向にある?

サプリメントの市場規模とは?

サプリメント 野菜 果物

近年、手軽に必要な栄養を補うことができるとして、サプリメントは高い注目を集めるようになっています。

テレビCMや通販番組、新聞の折り込み広告などで宣伝を見ない日はないほどです。
実際、サプリメントの利用者は拡大の一途をたどっています。

◆2015年のデータでは1兆5785億円に到達

サプリメント パソコン
その市場規模は、健康食品・サプリメントと合わせると、2015年時点でなんと1兆5785億円にも到達。
現在の人気の加熱ぶりから考えて、今後も拡大傾向が続くであろうことが見込まれています。

もともと日本よりもサプリメントの利用者の割合が高いアメリカでは、さらに大きな市場規模を築き上げています。
同じ2015年時点で212億1000万ドル、これは日本円に換算すると2兆円を超える額です。

そのほかの国でもサプリメントは普及しており、今後も市場は拡大を続けることでしょう。

健康志向の高まりも、サプリメント市場の拡大を後押ししていますが、近年顕著な伸びが見られるのは女性向け商品です。

プラセンタなど美肌や美白といった美容面で高い効果あるとするサプリメントが伸びているほか、不妊や妊活中に摂取するべきとされる葉酸鉄分などの栄養が効率的に摂れるとする妊活サプリが売れており、人気に一役かっています。

妊活サプリを使っている人は主にどんな人?

考える女性

働く女性が増えたこともあり、初婚年齢はあがっています。
2011年度の時点で、初婚年齢の平均は、夫側は30.7歳・妻側は29.0歳でした。

結婚してから妊娠を目指すとなると、多くの夫婦が30代からの妊活・妊娠となるわけです。

女性は、20代のころは妊娠に深く関わる女性ホルモンの分泌量も多く安定し、子宮の機能も整っており、卵子も元気です。
そのため、20代の妊娠力は比較的高い傾向があります。

ところが、30代を過ぎると身体の機能は少しずつ低下していきます。

年齢に伴って妊娠がしづらい状態となるのです。
これは男性も同様で、年齢とともに精子も老化していきますので、妊娠させづらくなっていきます。

そのため、近年は妊活を行う夫婦が増えてきました。
妊活とは、妊娠について正しい知識を持ち、自然な夫婦生活で妊娠しやすい身体を作ることを目指す活動のことです。

◆妊娠しやすい身体になるためには

女性と男性の悩む姿
妊娠しやすい身体になるためには、食事の内容を整えることが必要となります。

とくに葉酸や鉄分・アミノ酸など、妊娠に備えて積極的に取り入れたい栄養の摂取が望まれます。

しかし、食事だけで必要な栄養を摂るのはなかなか困難なもの。

そこで愛用者が増えているのが、葉酸やマカをはじめとした妊活サプリです。

妊活サプリは、妊娠を望むすべての年齢の人が利用できる物ですが、とくに利用者が多いのは、やはりなかなか子どもが授からない夫婦です。

妊娠のためのサプリメントというと、なんとなく女性が飲むものというイメージを持つかもしれませんが、男性も飲むことが推奨されています。

これは、すでに述べたように、スムーズな妊娠のためには子宮や卵子だけでなく精子も元気になってもらう必要があるためです。

◆35歳以上に妊活サプリの利用者が多い

卵子の老化

妊活サプリは、35歳以上でいわゆる高齢出産をする人も主な利用者となります。

高齢出産では、卵子が老化していることから、流産や難産、胎児の病気などのリスクが増加すると言われています。

また、妊婦自身にかかる負担が大きく、病気や体調不良に陥りやすくなるとも。

こういったリスクを軽減するためには、バランスのとれた食事をとって、健康状態を整えることがとても大切です。

そのため、妊活サプリを活用する例が増えているのです。

妊活サプリは妊活中や妊娠中にしか飲めないというものではもちろんありません。

ふだんの食生活で充分に摂取することが難しい栄養がバランスよく取れるものですので、産後の授乳期にも継続して利用するケースも多く見られます。

妊活の意識調査によると食事を見直した方が多い

栄養バランスを考える女性

妊活を行う最終目的は妊娠することです。

そのため、妊活では妊娠しやすい身体を作ることを目指して活動を行います。

基本的には、ふだんの生活習慣を見直すことがポイントとなります。

生活習慣の見直しポイントは、規則正しい生活を送る、睡眠時間をしっかり摂る、運動をするなどいくつもありますが、妊活を行った人への意識調査によると、とくに食事内容を見直した人が多く見受けられました。

どういった点に気をつければ良いのか、見ていきましょう。

身体は食べた物によってつくられます。
そのため、何を食べるかはとても重要なこと。

脂っこい料理や甘いおやつばかり食べるような、栄養バランスに偏りのある食生活は、妊活に関係なく健康によくありません。

たんぱく質・炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラルの5つを偏りなく摂取するようにすることが大切です。

人間の身体は、筋肉や皮膚、髪の毛などあらゆる部分がたんぱく質からできています。
妊活では新しい生命を生み出すため、当然良質なたんぱく質が必要です。

炭水化物は身体や脳のエネルギーの源となります。
摂取するとすぐにエネルギーに変換される栄養素です。

脂質もエネルギーとして使われる栄養素で、体温を保つ働きもあります。
摂取しすぎると肥満につながるので要注意です。

肥満は妊娠力を低下させると言われています。

ビタミン類は体の機能を正常にするために大切な役割を果たします。
黄体ホルモンの材料となるビタミンEは、妊活に欠かせません。

ビタミンEの中でもトコフェロールは妊娠力を高める栄養素と言われています。

女性ホルモンの分泌量を増やすほか、排卵促進や月経周期を整える効果が期待できます。

妊娠前からの摂取が推奨されている葉酸も、ビタミンB群のひとつです。

ミネラルは体内で作れないため、体外から摂取することが必要。

妊活中にとくに意識的に摂取したいのは、カルシウム・鉄・亜鉛です。

こういった栄養価のあるものをバランスよく摂ることが、妊娠しやすい身体つくりに繋がります。

ただ、毎食栄養バランスを考えて食事を摂るのは大変です。1日単位で必要な栄養が摂れているかを考えると良いでしょう。

とはいえ、食事だけで充分な栄養を摂るのは難しいものです。
そのときは、妊活サプリに頼るのもおすすめ

効率的に望む栄養素を摂ることができます。
食生活を整えるのが難しい時でも、サプリで必要な栄養が摂れていると思えば、焦りや心配もしなくて済むというメリットもあります。

身体を温める食べ物を食べることも大切です。
これは、冷えが妊活に良くないためです。

体が冷えると身体の血行が悪くなり、子宮や卵巣をはじめ各臓器に酸素や栄養が充分行き届きにくくなります。

しょうがやネギ、唐辛子などの薬味は身体を温めてくれますので、毎日の食事に取り入れやすいのではないでしょうか。

コーヒーに含まれるカフェインは身体を冷やす作用があるため、とくに妊活中はあまり摂らないほうが良いとされています。

気分をすっきりさせるためにコーヒーをよく飲むという人も多いと思いますが、妊活中はあまりたくさん飲まない方がいいでしょう。
少量であればそれほど神経質になることはありません。

タバコやお酒の摂取にも注意しましょう。
とくにタバコは卵子の質を低下させるため、妊娠しづらくなります。

男性も、精子の数が減少したり奇形精子が増えたりすることが分かっています。

妊活だけでなく、健康そのものに害を与えることですので、喫煙習慣がある場合はこの機会にすっぱりやめてみることをおすすめします。

お酒に関しては、週に何日か、グラスに1、2杯飲む程度など少量であればそれほど問題ありません。

飲みたいのに我慢してストレスを溜めることも妊活に悪影響ですので、量に気をつけてほどほどに楽しむのがいいでしょう。
ただし飲み過ぎには注意してください。

食生活を見直すほかに、規則正しい生活を心がけ、睡眠時間をしっかりとることも妊活には有効です。

眠りについて最初の深い眠りに一致して、成長ホルモンがたくさん分泌されます。

成長ホルモンは他のホルモンを調整する働きがあり、妊娠に深く関わる女性ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌量にも影響を与えるとされています。

妊活に効果的というだけでなく、充分な睡眠は精神を安定させ身体も健やかにしてくれますので、しっかり寝るようにしたいところです。

日常生活にウォーキングなどの軽い運動を取り入れるのも、妊活に良いことです。

運動をすると身体が温まり冷えが防げるほか、血行が良くなることで子宮や卵巣に栄養や酸素がしっかり運搬されます。

軽く体を動かすことは、ストレス解消にも効果があります。

ストレスをためると、自律神経やホルモンのバランスを乱すことにつながるため、適度に解消することが望ましいのです。
ただし、激しいスポーツは疲労をまねき、さらに活性酸素を増やしてしまいますので逆効果。

活性酸素は細胞をサビさせ卵子や細胞の老化を早めるため、妊娠しにくい体になってしまいます。

ストレッチやヨガなど、軽い運動にしましょう。

妊活サプリを摂取する人の注意点とは?

成功の鍵を持つ女性

妊活では、生活習慣の見直しをすることが成功のキーとなります。

中でも食生活を整えてバランスよく栄養を摂ることが、妊娠しやすい身体の状態をつくるために大切であることは、すでに述べた通りです。

しかし、実際問題として、毎回の食事で栄養バランスの優れた料理を用意することは難しいという人が多いのではないでしょうか。

そこで、妊活を行っている多くのカップルは、妊活サプリメントを活用しています。

サプリメントは、うまく付き合えば身体に良い結果をもたらしてくれます。

食事からでは摂取しづらく不足しがちな葉酸や鉄分、カルシウムなどをしっかり摂ることができます。

しかし、その反面正しい方法を守らずに飲んでいたら充分な効果が得られない可能性もあります。

場合によっては副作用が出る恐れもあるでしょう。

妊活サプリを摂取する場合は、どういった点に注意すれば良いかを見ていきましょう。

サプリメントは、不足しがちな栄養素を手軽に補うことができ、大変便利なものです。

活用する人が年々増加し、市場が拡大しているのはそのためでしょう。

しかし、サプリメントは医薬品ではありません。

日本で販売されているサプリメントの分類は「食品」です。医薬品と比べると有効成分の含有量などが異なります。

そのため、飲んだからとってすぐに体質改善し、効果が出ると言うことはありません。

妊活サプリを飲んで数日で、いきなり妊娠しやすく体質が変化するということはないのです。

思うような効果がなかなか得られないからと言って、自分には効かないからと短期的な使用で飲むのをやめてしまう人も多々見られますが、これははまちがいです。

たまに妊活サプリを飲み始めて2週間で妊娠できたといった体験談を目にすることがありますが、これはおそらくサプリの効果である可能性は低く、偶然によるところが大きいでしょう。

効果を実感するには、ふつうは早くても3ヶ月はかかると言われています。
長期的な継続を視野に入れる必要があるのです。

そのため、継続できる価格のサプリメントを購入することも、注意すべきポイントとなります。

多様な栄養素が豊富に含まれた商品は、それだけ高い効果も期待できそうです。

しかし、それが家計を圧迫するような価格であれば、いったん落ち着いて考え直した方が良いでしょう。

生活にゆとりが無くなっていらいらしたり、結局続けられず途中でやめてしまったりといった事態が起こる可能性が考えられます。

◆妊活サプリを使用するなら用法用量は守ること

医師に相談する女性
サプリメントを服用するときは、パッケージや説明書に記載されている用量を守るようにしてください。

早く効きそうだからといって、仮に1日4錠までと定められているサプリを何錠も多く飲むといったことをすると、大変危険です。

過剰摂取をしても、期待していた良い効果が早く出るということはまずありません。

それどころか健康に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

例えば、ビタミンAを過剰に摂取すると頭痛や肝障害などの副作用が起こります。

鉄分は妊活サプリにもよく含まれていますが、鉄分の過剰摂取は臓器障害を起こす可能性が指摘されています。

サプリに含まれている成分の多くは、通常の食事からも身体に取り入れていることがあるものです。

定められた用法を守っている分には過剰摂取の心配をする必要はあまりありませんが、サプリメントを必要以上に飲むと摂取上限を超える可能性があります。

思わぬ健康被害を起こす可能性は否定できません。

なお、もしほかに何か処方薬を服用しているのであれば、同時に飲んでも問題がないかどうかを医師や薬剤師にしっかり確認することも大切です。
含まれている成分によっては、処方薬の効果を低下させることがあります。

サプリメントは安心で安全なイメージがあります。

しかし、妊活サプリに含まれている何らかの成分が体質に合わない可能性は常にあり、アレルギーを発症する可能性もゼロではありません。

主成分に問題が無くても、使われている添加物が体に合わないということもあります。

服用してもすぐに症状が出ないことも多いため、因果関係になかなか気がつかないこともありますが、妊活サプリを飲み始めてからなんとなく体調が悪い事が続いているといったことがあれば、服用をやめて医師に相談することをおすすめします。

お薬手帳を所有している人は多いと思いますが、妊活サプリでも同様に、何をどれだけ飲んだか記録しておくのがおすすめです。
体調不良になったときに記録が役立つでしょう。

妊活を成功させるために大切なことは、生活習慣の見直しです。

食事や睡眠時間をふくめ、できるだけライフスタイルを整えることが重要。

そのうえでサプリメントも取り入れれば、よりスムーズに妊活をすすめることができるでしょう。

上記の注意点を守りながら、妊活サプリをうまく生活に取り入れてください。

服用を開始する前に、どのような成分が配合されていてどのような効果が期待でき、1日に何錠飲めば良いのか、また想定される副作用などはあるかといったことはよく確認しておきましょう。

妊活サプリメントは働く女性の使用頻度が高い

働く女性

女性の社会進出が進み、働きながら妊娠を望んでいるという人も多いでしょう。

専業主婦であれば、規則正しい生活を送ったり、料理に手をかけて栄養バランスの取れた食事を用意したりといった妊活の基本は、さほど大きな困難とはなりません。

しかし、働いているとそうはいかないことも多くなります。仕事の関係で不規則な生活を送らざるを得なくなることもよくあり、生活習慣を整えようとしてもうまくいかないことは稀ではありません。

出勤前の朝食にそれほど時間をかけられませんし、仕事の合間の昼食がコンビニ弁当や外食になるといったこともあるでしょう。

働く女性にとって食生活を見直すことは、なかなか大変です。

そこで積極的に活用したいのが妊活サプリメントです。
実際、妊活サプリメントを服用しているのは働く女性の割合が高いです。

仕事と家事で忙しかったり、職場の人間関係や業務上のプレッシャーを感じたりと、働く女性の多くは多大なストレスを抱えているものです。

ストレスをためこむと、ホルモンバランスの乱れを招く原因にもなります。

妊娠力を高めるためには女性ホルモンが不可欠。

もしもストレスなどの原因で女性ホルモンのバランスが崩れると、妊娠率が低下する恐れがあります。
その場合にも、妊活サプリメントが有用な働きをしてくれますのでおすすめです。

女性ホルモンのバランスが乱れた場合に良いのが、大豆イソフラボンやビタミンEです。

大豆イソフラボンは女性ホルモン、とくにエストロゲンとよく似た働きをすることが知られています。

それも一方的に作用するわけではなく、エストロゲンが優勢のときは作用を抑制し、不足しているときに働きますので、うまくバランスを整える効果が期待できるのです。

ビタミンEは、女性ホルモン・プロゲステロンの分泌に深く関わり、バランスを改善する働きがあります。

ビタミンEは血行を促進する作用もあり、さらに抗酸化作用も高い栄養素です。

血行を良くすることで卵巣や子宮が活性化したり、抗酸化作用によって卵子の老化を防いだりするため、ビタミンEはぜひ取っておきたい栄養のひとつです。

男性ホルモンの分泌にも作用して精子を元気にしてくれますので、男性も一緒に摂取すると良いでしょう。

ただ、もしひどくホルモンバランスが崩れているといったことがあれば、何らかの婦人科疾患を抱えている可能性もあります。

疾患がある場合は、サプリメントで改善は見込めませんので、適切な治療が優先されます。

生理痛や生理不順がひどい、不正出血があるなどの症状が見られた場合は、産婦人科を受診して検査を受けることをおすすめします。

健全な妊娠をするためには、心身の健康が欠かせません。

働いている女性はもちろん、そうでなくても、日々の生活で身体は疲れストレスを感じることも多いもの。健やかな心身状態を保つために、妊活サプリメントを上手に取り入れましょう。

妊活中は夫婦で摂るようにしたいものです。
穏やかな時間を過ごし、リラックスする時間を持つことも大切です。

こちらの記事の執筆者

監修者:阿部純治柔道整復師免許執筆者:阿部純治

プロフィール:
柔道整復師
株式会社May-Plus 代表取締役

塚原整形外科、大手整骨院グループの株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。
翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。

こちらの記事は専門家による監修を行なっています

河井恵美監修者:河井恵美

プロフィール:
助産師・看護師・保育士
看護師・助産師の免許取得後、大学病院、市民病院、個人病院等に勤務。看護師教育や思春期教育にも関わっていました。

助産師の仕事が大好きで、25年以上この仕事をしています。

青年海外協力隊でコートジボアールとブルキナファソに赴任した後、国際保健を学ぶために大学院に進学・修了。2008年から夫の仕事の関係で、シンガポールに移住。

2人の子どもを育てつつ、現地の産婦人科に勤務し、日本人の妊産婦さん方に関わっています。インターネットでエミリオット助産院を開設しています。

エミリオット助産院についてはこちら
https://emiriot.jimdo.com/

こちらも読まれています

h2の花左 葉酸過敏症とは?妊娠前や妊婦の方が知っておきたいリスク

妊娠中期


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
葉酸過敏症とは、葉酸の過剰摂取を続けた結果、起きる症状のことです。過剰摂取するとどのような問題があるのか、逆に不足することで起きる問題点としては何があるのかなどについて、説明していきましょう。

詳しくみる

h2の花左 妊活の準備スタート!妊娠に近づく生活習慣・食事・栄養素

産休期間について考える女性


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
妊活を始めること自体は、意外と簡単なものです。しかし、その事前準備によって、妊娠するまでのスピードも変化する可能性があります。妊娠に向けた身体作りや、必要な金銭面を含めたライフプランなど、先にしておくべき内容を紹介します。

詳しくみる

h2の花左 妊活前のブライダルチェックとは?今後妊娠や出産を考えている方へ

マカを飲むタイミングとは?


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
結婚を間近に控えている女性を対象として実施する婦人科検診のことをブライダルチェックといい、妊娠や出産に影響を及ぼす病気である子宮筋腫の検査やクラミジア、HIV(エイズ)感染症、梅毒、肝炎といった病気にかかっていないかを医師がチェックをします。

詳しくみる

h2の花左 タウリンの効果とは?妊活サプリにも配合

タウリン


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
タウリンの効果の一つとしてミトコンドリアを増やすことが注目されています。ミトコンドリアが増えればそれだけ細胞が若返るのです。卵子の質を高め、ブドウ糖と脂肪のエネルギー効率が上がり、妊娠のために体力向上も期待できると考えられています。

詳しくみる

h2の花左 エンゼルストークの特徴・成分とは?ほかに妊活サプリと比べてどう?


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
エンゼルストークは妊活に取り組むカップルから選ばれているサプリです。アルギニンは体の機能を助けたり、妊娠や出産においても不可欠な成分とされます。男性機能にも重要な役割を担います。葉酸は、主に女性にとって欠かせないものです。

詳しくみる