おすすめの妊活サプリランキング!口コミや成分をチェック!
妊活サプリランキングヘッダー
妊活サプリランキングスマホ用ヘッダー

ラクトフェリンを摂ると健康・妊活にいい?どんな効果が期待できる?

ラクトフェリンって何?

ラクトフェリンの効能
私たちの体には、もともと細菌やウィルスの侵入から身体を守るための防御機能が備わっており、これを免疫と呼んでいます。
生まれたばかりの赤ちゃんは身体が未熟ですぐに感染症にかかりそうなイメージがありますが、実際にはママから受け継いだ免疫で守られています。

しかし、ママから受け継いだ免疫はずっと続くわけではありません。
およそ生後半年程度で失われるとされており、赤ちゃんは徐々に風邪をひいたり体調を崩したりしやすくなっていきます。

そこでぜひ飲ませたいのが、産後に初めてでる母乳である初乳です。
初乳には豊富な免疫物質が含まれていて、それを与えることで、赤ちゃんの免疫力を高めることができます。

◆初乳に含まれるもの
初乳に含まれるもの
含まれている免疫物質には、白血球やグロブリンA、ラクトフェリンなど、いくつかの種類があります。
その中でも、さまざまな効果があることから「多機能たんぱく質」と呼ばれ、注目を集めているのがラクトフェリンです。

ラクトフェリンの効能を簡単に述べると、免疫力の調整や、抗菌・抗ウィルス作用、腸内環境の改善、鉄分の吸収力を高めるなどが挙げられるでしょう。

このように多岐にわたる効能が期待できるラクトフェリンですので、赤ちゃんだけに必要なものというわけではありません。
大人や子どもが摂取してももちろん有用です。赤ちゃんに良質な免疫を与えたい妊婦さんや授乳婦さんをはじめとして、健康で病気になりにくい体を作るために、積極的に摂取したい栄養と言えるでしょう。

ラクトフェリンにはどんな効果がある?

それでは、ラクトフェリンの効能を詳しく見ていきましょう。

◆腸内環境を整える
腸内環境を整える
まずは腸内環境を整える働きです。私たちの腸の中には、数万種類、100~1000兆個の腸内細菌が存在しています。

この腸内細菌は、身体に良い影響を与える善玉菌、悪い影響を与える悪玉菌、そしてそのどちらでもない日和見菌の3種類に分類できます。

日和見菌は、その時々で優勢な方に加勢する性質を持つ菌です。

この3種類は日々勢力争いをしており、食生活ストレスなどによって勢力バランスに変化が生じます。
善玉菌が優勢な方が良いのですが、だからといって悪玉菌が全て無くなったほうが良いかというと、そうでもありません。

悪玉菌は消化吸収を助けたり免疫力アップに関わるといった役割も果たすことがあるためです。

腸内細菌の理想的なバランスは、「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌3」と言われています。

ラクトフェリンは、この腸内細菌のバランスを整えてくれるのです。

ラクトフェリンには鉄に結合しやすい性質があり、悪玉菌も鉄を養分として増殖します。

ラクトフェリンが先に鉄と結合すると、悪玉菌は生育に必要な鉄分を得ることができず、結果的に減少していくことになるのです。

一方、善玉菌は鉄を必要としませんので、ラクトフェリンが鉄分を奪っても影響はありません。

◆感染症予防に効果が期待できる
感染症予防に効果が期待できる
続いて、ラクトフェリンの別の効能である感染症予防について説明しましょう。
これは、ラクトフェリンが持つ強力な抗菌・抗ウィルス作用によるものです。

悪玉菌を抑制するのと同様、多くの細菌は生育に鉄を必要としています。
鉄を奪い去る性質によって細菌の増殖を抑制することが可能です。

そのほか、菌の種類によっては、細胞膜構造を弱体化させたり破壊したりといった作用も見られます。
ウィルスに対しても、標的細胞への侵入を阻害したり、増殖を抑制したりする働きがあることが分かっています。

そのため、風邪やノロウィルス胃腸炎の発症の予防、ピロリ菌の増殖を抑制、歯周病の改善といった幅広い感染症から身を守る効果が期待できるのです。

かつて2カ月間ラクトフェリンを摂取し続けるという実験を行ったところ、約30%の人でピロリ菌の数が10分の1まで減ったことが報告されています。

◆免疫力を高める
鉄分の豊富な食材
腸内環境が改善することでも免疫力は向上しますが、それとは別に、ラクトフェリンはNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させ免疫力を高める作用があります。

NK細胞とは、がん細胞やウィルス感染細胞を見つけ出し、破壊して細胞死へと誘導できる存在です。
これはリンパ球の一種で、必要に応じて生成されます。

NK細胞が活性化された状態では、がんやウィルス感染症に罹るリスクは低減できるとされています。
過労やストレスなど、なんらかの要因でNK細胞の働きが不十分になると、発がん率が高くなったり重篤なウィルス感染症になる可能性が高まってしまいますので、ラクトフェリンを摂取してぜひ活性化を図りたいところです。

既に述べました通り、ラクトフェリンは鉄と結びつきやすい性質があります。

この性質により悪玉菌や細菌の生成を阻害して減少させてくれるわけですが、それ以外に、鉄欠乏性貧血の予防効果も期待できます。
鉄欠乏性貧血とは、文字通り体内の鉄分が不足することで起こる疾患のこと。鉄は血液中の赤血球にふくまれるヘモグロビンの生成に必要な栄養素です。

ヘモグロビンは、身体のすみずみに酸素を運搬するのが主な仕事。ところが、鉄分が不足するとヘモグロビンの生成量が減ってしまい、酸素を届けられなくなります。酸素が不足した結果、全身の倦怠感や立ち眩み、動悸といった症状が起こります。これが鉄欠乏性貧血になるしくみです。

もともと、鉄分の吸収率はあまり高いものではありません。その上、女性は毎月訪れる月経で多くの血を失うため、男性よりも貧血になりやすい傾向があります。また、妊娠しているとお腹の赤ちゃんが優先されるために不足しがちに。授乳している場合も、母乳は血液から作られますので、鉄分が不足します。ラクトフェリンは鉄分の吸収力を高めますので、鉄欠乏性貧血の改善効果があるのです。

◆アンチエイジング効果も
アンチエイジング効果
さらに、ラクトフェリンはアンチエイジングにも効果があることが分かっています。これは体内に過剰発生した活性酸素を除去する効果があるため。活性酸素とは、体内で変性した酸素のことです。

これは体内に侵入してきたウィルスや細菌を攻撃するといった良い働きもするのですが、必要以上に発生すると、今度は正常な細胞まで攻撃するようになります。

これが問題で、細胞をサビつかせ、シミやしわを増やすといった老化現象を招いたり、内臓の機能を低下させて疲れやすくしたりといった害を及ぼしてしまうのです。

ラクトフェリンには、過剰に発生した活性酸素を除去する作用がありますので、結果的にアンチエイジングに結びつくのです。
ラクトフェリンは、男性にも大いに役立つ成分であることは間違いありませんが、とくに女性に嬉しい成分と言えるでしょう。

ラクトフェリンに副作用はない?

ラクトフェリンに副作用はないの?
ラクトフェリンは、赤ちゃんに飲ませる初乳にも含まれるような安全性が高い成分ですので、適正な量の摂取であれば特に副作用の心配はいりません。

ただし、過剰摂取のケース牛乳アレルギーのある人は気をつける必要があります。

◆ラクトフェリンの過剰摂取
ラクトフェリンの過剰摂取は下痢を引き起こす
まずは過剰摂取のケースですが、ラクトフェリンを大量に摂取すると腸内細菌のバランスが乱れ、下痢を引き起こすことがあります。
それ以外にも、疲労感や寒気、食欲不振、便秘などを招くことがあると言われています。

とはいえ、これは必要以上に多くラクトフェリンを摂取した場合の話です。
ラットや人間に対して繰り返し経口投与する安全性試験が行われた際も、重篤な副作用は報告されていません。

過剰に摂取することさえ無ければ、副作用を心配する必要はないでしょう。
通常の食事で過剰なほどの摂取量となることはあまり考えられませんが、サプリメントでラクトフェリンを摂取する場合は、推奨量である100~300mgを目安にすると良いでしょう。

◆アレルギー症状のリスク
かかりつけ医に相談しましょう
次に、アレルギーのあるケースです。ラクトフェリンは生乳由来の成分ですので、牛乳に対して重篤なアレルギーを持っている場合は、なんらかの症状が起こる可能性は否定できません。

サプリメントの活用などを検討している場合は、念のためかかりつけ医に相談するとより安心でしょう。

なお、ラクトフェリンの摂取によって好転反応が起こる可能性もあります。
好転反応とは、悪い状態が良い状態に好転しようとする過程で一時的に起こる、下痢や倦怠感などの身体反応のことです。

これは一過性の症状ですので、1週間程度でおさまるか軽減することがほとんど。あまり心配することはありません。

ラクトフェリンを摂るには?

ラクトフェリンを摂取するには?
それでは、ラクトフェリンを効率的に摂取するには、どのような方法があるでしょうか。

乳児であれば、もちろん初乳や母乳から摂ることになります。ラクトフェリンは初乳にもっとも多く含まれていますが、それ以後にでる母乳にも含まれています。とくに問題がないのであれば、赤ちゃんにはミルクよりも母乳を与えるようにすると良いでしょう。

大人が摂取する場合は、当然母乳を飲むことはできません。
では、ラクトフェリンが含まれている飲食物ならどうでしょうか。

ラクトフェリンは人間の母乳だけでなく、牛の乳、すなわち牛乳にも含まれています。
ですので、牛乳やその加工品であるチーズ、ヨーグルト、スキムミルクなどにも含まれていることになります。

しかし、実はこれらの飲食品を毎日摂っても、残念ながら期待するほどの量を摂取することはできません。
ラクトフェリンは熱と酸に弱いという性質があるためです。

牛乳や乳製品は製品として加工される過程で加熱殺菌処理されることがほとんどです。
加熱処理の過程でラクトフェリンは壊されてしまいますので、製品中にはほとんど残っていないことになります。ゴーダチーズなどの加熱殺菌されていないナチュラルチーズであればわずかに残っていますが、100g当たり0.3g程度とごく微量です。

さらに、酸に弱い性質もあるため、胃に到達した段階で分解されて腸までは届きにくいのです。
乳児の場合は身体機能がまだ未熟なことが幸いして、初乳のラクトフェリンが分解されずに胃腸に届きしっかり吸収されるのですが、大人ではそういうわけにはいきません。

◆ヨーグルトからの摂取が一番効率的
ヨーグルト
飲食物から摂取するなら、人工的に添加されたヨーグルトなどの乳製品からということになります。
その際は、腸まで届くしくみが施されている腸溶性のラクトフェリンが配合されたものを選びましょう。

赤ちゃんに与えるミルクにも腸溶性ラクトフェリンが配合されたものがありますので、母乳が出ないママはそういったミルクを選ぶと良いでしょう。

乳製品に添加されるラクトフェリンは、基本的に牛乳から抽出されているものですので、食の安全性の面からも安心できます。

また、サプリメントの活用も効率的な摂取が望めます。

なお、ラクトフェリンを摂取するときは、気がついた時に時々というのではなく、続けることが大切です。
薬ではありませんので、副作用の心配がないかわりに即効性も期待できません。
摂取を続けるうちに徐々に腸内環境が整い、体質が改善して免疫力が向上していくというものです。

ラクトフェリン入りの食品やサプリメントは、多くの種類が販売されています。
乳酸菌やオリゴ糖なども配合されている、サプリメントであればカプセルタイプや噛んで食べられるタイプがあるなど、商品ごとに特徴は異なります。

ラクトフェリンの配合量をはじめ、特徴を比較して、自分にあったものを選びましょう。
摂取を続けても家計の負担にならない価格のものを選ぶことも大切です。

ラクトフェリンはベルタ葉酸から摂取可能

ラクトフェリンはベルタ葉酸から摂取可能
ラクトフェリンが摂取できるサプリメントはたくさんありますが、妊活中や妊娠中、授乳中の女性が選ぶならベルタ葉酸がおすすめです。

ベルタ葉酸サプリの特徴は、とくに妊娠前から授乳期、産後にかけて必要とされる栄養素が、ラクトフェリン以外にもぎゅっと詰まっているということです。

◆葉酸サプリとしてのベルタ葉酸
ベルタ葉酸
妊娠前から妊娠初期にかけては、葉酸の積極的な摂取が推奨されていることは、多くの女性が知っているのではないでしょうか。

葉酸は、細胞が分裂するときに不可欠な栄養素のひとつです。
妊娠初期にママの葉酸摂取量が不足していると、お腹の赤ちゃんの脳や脊椎がしっかり作られず、神経管閉鎖障害などの病気になるリスクが高まることが分かっています。

そのため、妊娠前から妊娠初期にかけては、とくに積極的に葉酸を摂るように呼びかけられているのです。ベルタ葉酸サプリは、1日4粒飲むだけで、葉酸の摂取推奨量400㎍を手軽にしっかり摂ることができます。

◆鉄分、カルシウム、ビタミンなども豊富に配合
鉄分、カルシウム、ビタミンなども豊富に配合
さらに、赤ちゃんを作るのに必要な鉄分やカルシウム、ビタミンなどの各種栄養素も豊富に含有。
赤ちゃんにとくに必要な鉄分は20mg、カルシウムは232mgと配合量が多く、ビタミン・ミネラルも27種類も入っています。

そのほか、身体の構成要素であるアミノ酸も20種類と、贅沢な内容となっているのです。

◆無添加で安心
無添加で安心
さらに、香料や着色料、保存料など身体に害を与える可能性がある添加物は無添加。
本当に必要な成分だけで作られた、こだわりの妊活サプリメントなのです。
厳正な検査を行って、合格したものだけが出荷・販売されていますので、安心して飲むことができるでしょう。

これだけ豊富な栄養を摂取できますので、妊娠しやすい身体作りにも有効です。
妊娠準備期間中にのむ妊活サプリとしても優秀といえるでしょう。
妊娠前や妊娠中はもちろんですが、産後も服用を続けるのがおすすめです。

◆ラクトフェリン配合
母乳育児
先述したように、ラクトフェリンが含まれる母乳を与えることで、赤ちゃんの免疫力は高まります。

しかし、母乳育児を続けるためにはお母さんの体調管理が重要です。

産後は3時間ごとの授乳や慣れない赤ちゃんのお世話によるストレスなどで体調を崩しがちになるもの。栄養豊富なベルタ葉酸サプリを摂取すれば、崩れがちな体調も整えることができます。

ベルタ葉酸サプリには乳由来の良質なラクトフェリンが配合されていますので、赤ちゃんに良い母乳を与えることもできます。

また、妊娠・出産するとホルモンバランスが崩れ、肌の調子が悪くなったり髪がパサついたりごっそり抜けたりすることがあります。

◆美容成分も多いので女性に嬉しい妊活サプリ
美容成分も多いので女性に嬉しい妊活サプリ
ベルタ葉酸サプリには、6種類の美容成分が贅沢に配合されているため、その点でも効果が期待できます。

配合されている美容成分は、プラセンタ・ヒアルロン酸・ベビーコラーゲンに加え、ツバメの巣や珊瑚カルシウム、黒酢もろみなど。
これら成分が、肌や髪の状態を健やかに整えてくれるでしょう。

◆夫婦でベルタ葉酸を摂取してみませんか?
夫婦で妊活
また、ベルタ葉酸サプリは妊活する夫婦に向けて男性用も用意していることも特徴のひとつです。
健康維持に必要な栄養が手軽に取れるという面だけでも意味がありますが、それ以外にも、男性が葉酸を摂取する大きなメリットがあります。

それは、葉酸の摂取によって、精子染色体異常のリスクが軽減されることです。
健やかで質の良い精子であれば、受精率もあがり、妊活がスムーズにすすむことでしょう。

ふたりで共に妊活をがんばるという意味合いでも、夫婦で摂取するのもおすすめです。

こちらの記事の執筆者

監修者:阿部純治柔道整復師免許執筆者:阿部純治

プロフィール:
柔道整復師
株式会社May-Plus 代表取締役

塚原整形外科、大手整骨院グループの株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。
翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。

こちらも読まれています

h2の花左 妊活サプリのマカナ(makana)が人気ランキング上位!爆発的に売れる理由とは?

マカナ


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
妊活サプリで人気のマカナ(makana)がなぜ売れるワケとは?①オールインワンで多くの栄養素が摂ることができる②マカが配合され男性にも効果が期待できる③成分からしても価格、コスパが良い、など多くの理由が存在しています。

詳しくみる

h2の花左 妊活にマカが期待できるさまざまな効果とは?

makanaに配合されているマカについて


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
マカというと男性向けの健康食品のイメージが強いですが、最近では女性の妊活にも有効で、多くのサプリメントに含まれるようになりました。こちらのページではマカで期待できる効果・効能について具体的にまとめてみました。

詳しくみる

h2の花左 ニンカルでベビ待ちママをサポート!カルシウム配合の妊活サプリ

ニンカル


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
ニンカルは善玉カルシウムに着目した、新しいタイプのサプリメント商品です。また栄養士がおすすめする妊活サプリであり、妊娠成功率を高めてくれるミトコンドリアにもアプローチできるため、今、大変注目の人気商品でもあります。

詳しくみる

h2の花左 妊娠前デトックスが妊活にいい?きれいなカラダで産みたい

デトックス


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
子どもが欲しいと思っても、願ったらすぐに命を宿してくれるというような単純なものではありません。少しでも確率を上げるための方法をとらなければなりません。その方法の1つとなるのが妊娠前デトックスです。

詳しくみる

h2の花左 クロロゲン酸というポリフェノールはさまざまな効果が期待できる?

コーヒー カフェイン


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
クロロゲン酸とはコーヒーに多く含まれているポリフェノールです。健康や美容に注目されている有効成分の一つで、習慣的に体に取り入れることで妊娠率アップやダイエットやアンチエイジング効果、糖尿病の予防などがあります。

詳しくみる