おすすめの妊活サプリランキング!口コミや成分をチェック!
妊活サプリランキングヘッダー
妊活サプリランキングスマホ用ヘッダー

活性酸素が妊活に悪影響?妊娠力を上げる抗酸化作用

活性酸素とは何か?

呼吸をする女性
活性酵素には強い酸化力があり、その作用を利用して体の健康を守ってくれています。

活性酵素と聞いてもピンとこない人も中にはいるかもしれませんが、この酵素は日ごろの呼吸で酸素を吸えば必ず発生するものです。

通常、空気中には約20%の酸素が含まれていて、その空気を吸うと酸素の約2%が活性酵素に変換されます。

体の中に入った酸素はこうした形でエネルギーとして消費されていくわけです。

◆活性酸素は強い酸化力を持つ
免疫力を必要とする女性
活性酵素はフリーラジカルと混合されることもあり、その両者の特徴は強い酸化力があることです。

本来であれば、人間はこの作用によって体の中に入ってきたウイルスや細菌をやっつけていくことが出来ます。

結果として、免疫力がアップしてより健康な体を維持することができるわけです。

ただ、注意しておきたいのが、こうした活性酵素はその量が多すぎると老化現象の元になってしまうことがあります。

酸化ストレスがかかりすぎることによって肌細胞は機能が低下してしわやたるみが顕著になっていく、同時に内蔵の機能も低下して悪循環を招く恐れもあります。

こうした事態を避けるために抗酸化作用のある成分を摂取して、その強い酸化力を中和していく作業が必要になっていきます。

活性酸素がどんな影響を及ぼす?

過剰な活性酵素で病気にかかる
活性酵素が過剰になれば、一体どのような影響が出てしまうのでしょうか?

本来であれば体の健康を維持するために必要な酵素ではあるのですが、先にも挙げたようにそれが過剰になればさまざまな病気の原因となってしまいます。

代表的なものをあげるとすれば、アルツハイマー病・パーキンソン病が挙げられます。

◆アルツハイマー病の原因とは?
アルツハイマーの疑いのある女性
アルツハイマー病の主な原因は脳内で発生するアミロイドβタンパク質です。

この成分が過剰に分泌されて脳内に蓄積されると脳細胞が正常な機能を果たさなくなり、信号をうまく伝達できおなくなっていきます。

これが物忘れのはじまりになっていくわけです。

研究によってこうした成分の分泌を抑えることが出来れば、アルツハイマー病の進行を遅らせることが出来ることが分かっていますが、そもそもの原因としてはこうした点が挙げられるという事です。

実はこの原因となっているアミロイドβタンパク質の発生下は活性酵素が増加することが分かっています。

脳内の異常物質を攻撃しようと体が反応しているのが要因として挙げられますが、ここで発生した活性酵素は脳の正常な細胞まで傷つけてアルツハイマー病・パーキンソン病の進行を早くしてしまう恐れが出てきてしまいます。

◆活性酸素が動脈硬化や心臓病の原因とも
心臓病や動脈硬化の恐れ
この他、活性酵素によって引き起こされる病気には動脈硬化・心臓病、癌があげられます。

血中に活性酵素が多くなるとその酵素を取り除こうと物質を多く作り出します。

この物質が血中のコレストロールを増加させて動脈硬化を引き起こしていくというわけです。

この流れで心臓病は起きやすくなっていきますし、元々の体質も相まって危険が倍増していくことになります。

親族に血管や心臓の病を患っている人がいるという人は特に注意が必要です。

そして、活性酵素は癌の発生はもちろんですが、その進行を促す成分としても知られています。

活性酵素が多くなりすぎることによってこれらの重大な病気が引き起こされるという点は覚えておくに越した事はありません。

それこそ、進行すると命の危険も伴う病気ですから活性酵素の増加についても早めに対処していくことが大切です。

◆白髪や老化
白髪や老化が進む女性
身近な症状であれば、白髪・老化にも注意が必要になっていきます。

白髪や体の老化現象はいわば細胞の酸化によって引き起こされています。

細胞が酸化現象によって本来の機能を果たさなくなり、その結果白髪の他、しわや肌のたるみ、シミなどのトラブルを引き起こしていくわけです。

見た目に印象が悪くなることになるので、見た目に気を配ることの多い女性は特に気を付けていきましょう。

◆さまざまな病気や不調の原因とされる活性酸素
体について考える女性
一見すると関係のないように思われる活性酵素とこれらの病気ですが、実は根本で強く関係しているものでもあります。

老後に大きく関係してくることになるアルツハイマー病はもちろんの事、進行すれば命の危険も伴う癌や動脈硬化、心臓病の場合でも気をつけておくにこしたことはありません。

活性酵素が増えたからといって絶対にこうした病気になるというわけではありませんが、その発症率が幾分変化していくことは確かです。

実際、アルツハイマー病の発症率を下げるために、生活習慣、食生活の改善を図って活性酵素の量を調節するという工夫をしている人もいます。

それだけ活性酵素が体に与える影響は大きいという事です。

何も若いうちから神経質に活性酵素について気を付けていけばいいというわけではありませんが、日常生活の中でも気楽にできる方法であれば取り入れていくに越した事はありません。

まずはその手軽な活性酵素の対策方法について知っていくことからはじめていきましょう。

その方法を知っているだけでも幾分病気の発症率は低くなっていきますし、より健康的な体作りが可能になっていきます。

活性酸素対策にできることは?

食事に気を付ける女性
では、具体的に活性酵素対策にはどのようなことが出来るのでしょうか?

まず挙げられるのが、抗酸化作用のある食物の摂取です。

抗酸化作用のある成分を多く含む食事、これを食生活に取り入れることが出来れば自然と体の状態は改善されていきます。

自炊を心掛けている人はもちろんのこと、外食が主になっている人でも食材についての知識を持っていれば幾分食生活を改善していくことが可能です。

◆フィトケミカル
ぶどうとりんご
抗酸化作用のある食べ物の中でも注目されている成分がフィトケミカルです。

フィトケミカルは植物に含まれる化学成分の総称です。果物や野菜は身近らの身を害虫や市外線から守るために独自の香や色素を作り出しています。

こうした成分の中には抗酸化作用の強いものが多いので、積極的に取り入れていくのがおすすめになってきます。

フィトケミカルが多く含まれているのはブドウやワインなどで摂取することが出来るポリフェノール、大豆に多く含まれるイソフラボン、リコピンやペクチンなどの栄養素です。

この他お茶に多く含まれるカテキンやゴマでおなじみのセサミンにもこのフィトケミカルが含まれているので、毎日の食事に取り入れる際には参考にしていくといいでしょう。

ここで挙げたフィトケミカルが多く含まれる成分は抗酸化作用の他にも高血圧予防や視力低下の予防にも役立つことがあります。

◆ビタミンE
特にバナナがうってつけ
この他、果物に多く含まれるビタミンAやビタミンC、ナッツに多く含まれるビタミンEなどが抗酸化作用が強く活性酵素対策にはうってつけです。

特に、バナナにはこうしたビタミン成分の他に食物繊維も多く含まれているため、同時に胃腸の調子を整える効果も期待できます。

ニンジンなどの緑黄色野菜や果物を中心に積極的に取り入れていくことを心掛けていきましょう。

◆ミネラル
牡蠣 ミネラル
そして、最後に押さえておきたいのが食物から摂取することが出来るミネラル分です。

生の牡蠣や牛肉、豚肉などの他、煮干しにも亜鉛などのミネラル分は多く含まれています。

普段の食事で主菜として扱いやすい食材なので、自炊を心掛けている人であれば参考にしていくといいでしょう。

外食が多い人でも、こうした食材について知っておくことで活性酵素対策になりやすい食事を徹底していくことが出来ます。

毎日、小さなことからコツコツと積み重ねていく、食生活を改善していくだけでも着実に体質改善は可能になっていきます。

たったこれだけのことでも活性酵素が抑えられて様々な病気のリスクを軽減できるのですから、これはチャレンジしてみるに越した事はありません。

活性酸素の除去に効果が期待できるものは?

◆ルイボスティー
ルイボスティー
活性酵素の除去に効果が期待できる食べ物にはいくつか挙げられます。

中でも注目されているのがルイボスティーです。
ルイボスティーにはSOD様酵素という特別な酵素が多く含まれています。

この酵素には高い抗酸化作用があり、摂取することで活性酵素を除去していく効果が期待できます。

ルイボスティーが老化防止に効果があると評判になっているのはこうした、強い抗酸化作用があるためです。

またルイボスティーには良質のビタミンC成分も多く含まれています。

体の中でゆっくり変化していくビタミンCが活性酵素を取り除くだけでなく、美白など美容面でプラスの効果を発揮していきます。

◆ココナッツオイル
ココナッツオイルに含まれるケトン体
この他、活性酵素の除去に効果があるとされているのがココナッツオイルです。

本来、人間の体の中には活性酵素の働きを弱くしたり除去したりする抗酸化酵素が存在しています。

この抗酸化酵素の働きを活性化してくれるのがケトン体という成分なのですが、ココナッツオイルにはこのケトン体が多く含まれています。

つまり積極的に摂取することによって多すぎた活性酵素を除去していくことができるという事です。

◆イソフラボン
大豆に含まれるイソフラボン
そして、大豆から摂取することが出来るイソフラボンにも注目が集まっています。

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることからより女性らしい体つき、美肌を作っていくためにも有効とされています。

ただ、得られる効果はこれだけというわけではなく、イソフラボンには他の栄養素同様に高い抗酸化作用があります。

美肌効果と活性酵素除去のダブルの効果が期待できる、まさにメリット尽くしの栄養素と言えるわけです。

◆アボガドやカカオ
ビタミンEを含むアボカド
何かと体にいいとされているアボガドやカカオにも強い抗酸化作用があります。

アボガドにはビタミンEやカリウムが多く含まれている他、オレイン酸やリノレン酸のためによって血液をサラサラにしてコレステロールを減らす効果も期待できます。

豊富な栄養素が含まれているという点では毎日の食事にはうってつけの食材です。

また、カカオにはカカオポリフェノールという成分が多く含まれていて強い抗酸化作用が期待できます。

毎日の食事で多くなりすぎた活性酵素を減らしていきたいという人は、ここで挙げたような食材、栄養素を積極的に取り入れていくようにしましょう。

たったこれだけのことでも後々の体調不良、老化現象を防ぐことができます。

もちろん、こうした食材をただ食べていればいいというわけではありませんが、毎日複数の食材を組み合わせて取り入れるだけでも体質は変化していきます。

妊活するなら抗酸化作用アップのサプリ

サプリがおすすめ
先に挙げてきたように抗酸化作用の強い成分、食材を積極的に取り入れるようにすれば自然と体質が改善されていくことになります。

活性酵素が多くなりすぎれば、様々な病気を引き起こす恐れもありますし、同時に女性であれば子宮の働きを悪くして不妊を引き起こしてしまう可能性も考えられます。

もちろん、すべてのケースがそうだと断言できるわけではありませんが、将来妊娠をしたいという女性であれば抗酸化作用のある食材、成分は取り入れていくに越したことはありません。

とはいえ、毎日の食事でこうした食材を取り入れていくとなれば毎日自炊をするしか方法はありません。

それこそ、仕事やプライベートに忙しい人であれば難しい面も出てくることになるので注意が必要です。

そこで今回おすすめになってくるのが妊活サプリメントを活用していく方法です。

特に妊活におすすめされる抗酸化サプリであれば安全性も考慮された上で効果を実感していくことが可能です。

◆ママニック葉酸サプリ

ママニック商品画像

飲みやすさNo.1サプリ

4つ星

ママニックの評価


具体的にどのような商品が挙げられるのか、まず代表的なものであればママニック葉酸サプリです。

この商品は妊娠初期に特に必要だとされている葉酸にプラスして、イソフラボンやマカなど抗酸化作用の強い成分も多く含まれています。

効率的に成分を摂取していきたいという人にもおすすめです。

◆マカナ(makana)
マカナ
この他、マカナ(makana)という商品であれば、ホルモンの分泌を促す成分が多く含まれているのが特徴として挙げられます。

野菜や果物に含まれる栄養成分をバランスよく摂取することが出来るので、普段から野菜不足が顕著だという女性にもおすすめです。

また、妊活専門の栄養士がその監修をしているという点も大きな魅力になっていきます。

◆ベルタ葉酸
ベルタ葉酸
ベルタ葉酸は葉酸の他、ラクトフェリンやDHA・EPAなどの成分が含まれています。

妊娠中に胎児の成長に必要な成分だけでなく、母親の体の健康を維持するためにも必要な成分がバランスよく配合されているというわけです。

◆ベジママ
ベジママ
ベジママkodakaraにも妊活におすすめの成分が多く含まれています。

ベジママであれば新成分であるピニトールが配合されている他、冷え性や更年期障害の改善など幅広い目的におすすめです。

◆kodakara

kodakara商品画像

冬虫夏草で体を温め妊活サポート

4つ星

kodakara評価

kodakaraには妊活におすすめのマカ、葉酸にプラスして亜鉛やビタミンの成分が含まれています。

どの商品を選ぶのかはそれぞれの好み、予算によって異なってきますが、妊活サプリで同時に活性酵素を減らすことが出来れば得られる効果はさらにアップしていきます。

商品選びの際にはここで挙げた情報を参考にしていくといいでしょう。

こちらの記事の執筆者

監修者:阿部純治柔道整復師免許執筆者:阿部純治

プロフィール:
柔道整復師
株式会社May-Plus 代表取締役

塚原整形外科、大手整骨院グループの株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。
翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。

こちらも読まれています

h2の花左 アルガの滴は葉酸とDHAが十分に摂取できる妊活サプリ。特徴や成分・期待できる効果とは?


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
アルガの滴は、赤ちゃんがママのお腹の中で育つのに必要な葉酸やDHAなどの成分をカプセルに閉じ込めたサプリです。お腹の赤ちゃんはママが摂取した栄養を、胎盤を通じて吸収して成長します。妊娠中の女性こそ、必要な栄養を摂取することが重要です。

詳しくみる

h2の花左 妊活中のヨガにどんな効果がある?女性に人気のエクササイズ

ヨガ


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
妊活中の方でヨガや運動を取り入れたいと思っている方も多いでしょう。女性に人気のエクササイズといえばストレッチやウォーキングなどがありますが、ヨガも最近では多くの方が取り入れています。その効果やおすすめのポーズについて説明いたします。

詳しくみる

h2の花左 Twitter上でも妊活ツイートが盛りだくさん。生の役立つ情報もある?

クレジットカード決済もできます


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
Twitter上には、妊活に関連したツイートがあふれているので、自分と似たような境遇の人のツイートを参考にしてみると、スムーズに妊娠することがあります。ただし、注意点やあくまでも専門家の情報ではないことが多い点に留意しておきましょう。

詳しくみる

h2の花左 妊活の雑誌や本でおすすめなものとは?妊娠に必要な情報集め

妊活中の女性が読む雑誌


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
妊活をするのは初めてという人にとってまず問題になるのは、どのような方法で情報収集していくかです。ひとつは、妊活関連の本や雑誌を読むことが挙げられます。もうひとつは、ネットでの情報収集です。

詳しくみる

h2の花左 妊娠服の選び方・どこで買うといい?妊活ママはオシャレに着こなそう

着床


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/neowork/tstormradio.com/public_html/wp-content/themes/ninkatsuranking/single.php on line 40
妊娠服(マタニティウェア)は一般的にお腹が目立ち始める4ヶ月目から着用することが多くなっています。ただ個人差があるので、お腹が目立ち始めた、いつもの洋服がキツクなってきた、動きにくくなってきたと感じたら変えるのがおすすめです。

詳しくみる